編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

デルソニックウォール、SMB向け次世代ファイアウォール製品群

ZDNet Japan Staff

2012-06-12 20:21

 デルソニックウォールは、中小規模環境向け次世代ファイアウォールの新製品群を発表した。6月11日から出荷を開始している。

 今回発表された製品は「TZ 105W」「TZ 205W」「TZ 215W」の3機種。ファイアウォール、VPN、ゲートウェイアンチウイルス、IPS、コンテンツフィルタリング機能などを1台に統合した製品となっている。

 TZシリーズは製品ラインアップでいえばローエンドに位置するが、TZ215Wでは次世代ファイアウォールの特徴でもあるアプリケーションの可視化機能と、アプリケーショントラフィック解析機能を提供する。同社では、小規模ネットワークでも、エンタープライズクラスのセキュリティを提供できるとしている。

 新製品ではメモリを増強してパフォーマンスの向上を図った。また、TZ215WはデュアルコアCPUを搭載することで、トラフィックの増加にもスムーズに対応できるとしている。

 内蔵するOS「SonicOS」は、メジャーバージョンアップが年に1回、マイナーバージョンアップが四半期に1〜2回というスケジュール。今年は夏から秋にかけてバージョン5.9がリリースされる見込みだ。5.9では多機能化を図るとともに、IPv6に対応する予定だが、同社によれば「(もっともローエンドの)TZ105Wでもきちんと稼働する」ようにチューニングするとしている。

 SonicWALLは3月、UTM市場の成長を見込んだDellとの間で買収合意に達していた。DellはSecureWorksを買収するなど、セキュリティ事業に力を入れている。SonicWALLの最初の大規模ユーザーはDellが手がけたとされており、ビジネス面で強い信頼関係があったことがうかがえる。

 SonicWALLはSMB向け製品に強みを持つが、2011年2月に発表した「SuperMassive」シリーズでエンタープライズ(大規模企業)向けに参入していた。SMB分野ではFortinetと、大規模向けではPalo Alto Networksと競合している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]