NTTドコモがiPhoneを展開しない3つの理由 - (page 2)

大河原克行 2012年06月22日 11時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そして3つめが、アップル側から販売数量のコミットを求められる点だ。

 山田前社長は「iPhoneの取り扱いを開始すると、スマートフォンの半分以上を売って欲しいといわれる可能性がある。ドコモは、2012年度に1300万台のスマートフォンを販売する目標を掲げているが、そのうち半分以上をiPhoneにしなくてはならない。当社の戦略の中では難しい」とする。

 実は、同様にドコモのサービスが利用できない仕組みとして、ソニーのPlayStation Vitaがある。

 株主からは、「アップルが駄目であるのに対して、ソニーのPlayStation Vitaはいいのか」という質問も飛んだ。

山田隆持前社長
山田隆持前社長

 これに対して、山田前社長は、「Vitaでは、何台売らなくてはならないという制約がない」とする。そして、山田前社長は、「iPhoneは競争相手であり、なんとしてでも凌駕するということでがんばっていきたい」とする。

 だが、iPhoneを完全に諦めたのかというと、決してそうとはいえない。山田前社長は、「もし、アップル側で環境が変わったら、iPhoneを導入したい」などとも語る。販売台数のコミットがなければ、いつでも扱いたいという姿勢だ。

 株主総会の翌日の6月20日に新社長として会見に臨んだ加藤薫氏も「iPhone、iPadは、素晴らしい端末だ。ラインアップの1つとしてそろえたいが、条件が整わない。しかし、条件が変われば可能性はある。決して嫌だというわけではない」などと語っている。

 問題はアップルの戦略次第というわけだが、アップルが方針転換する可能性は低いといえよう。ドコモには、本音は扱いたいという気持ちが、今でも見え隠れしている。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算