編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

レンタルサーバ事業のファーストサーバ、障害で顧客のデータを消失

怒賀新也 (編集部)

2012-06-22 11:57

 レンタルサーバ事業を展開するファーストサーバが、6月20日の午後5時30分ごろに発生したデータセンターの障害により、顧客のウェブやメールなどのデータを消失したことが分かった。メンテナンス作業において用いる特定の管理プログラムのバグが原因という。自社のWebサイトで公表している。

 障害の影響を受けたサービスは、ビズ/ビズ2/エントリービズ/エンタープライズ3/EC-CUBEクラウドサーバ マネージドクラウド。

 消失したデータは、サーバ上にアップロードされたFTP、ファイルマネージャなどのデータ、コンフィグレータ設定を含むデータ、メールボックス内のデータ。同社は「障害発生時に受信していなかったメールは消失した。障害発生後のメールについては受信できていない。送信者様側でエラーとなっている」と説明。現状顧客に提供しているサーバについて、「一部の顧客はサーバ初期状態からメールボックス内データを可能な限り復旧した状態で提供している。だがウェブデータについては一切復旧していない」としている。

 現在、これまでの作業で復旧できなかった顧客のメールデータとウェブデータに関して、専門会社を交えて復旧作業中という。

 「全力でデータの復旧作業に臨んでいるが、現時点では復旧可否、復旧度合などについて約束できる状況ではなく、長期間を要する可能性もある」とことわりをいれている。

 IT専門の調査会社ITRの内山悟代表取締役は「前代未聞」とコメントした。また、ユーザー企業である小林製薬がこの件について コメントしている。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]