編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

ファーストサーバ障害:ユーザーの小林製薬「影響を測る術がない」

冨田秀継 (編集部)

2012-06-22 16:05

 レンタルサーバ事業を展開するファーストサーバで障害が発生し、顧客のメールやウェブのデータが消失した問題で、ユーザー企業の小林製薬がZDNet Japan編集部の取材に応じた。

 小林製薬では、製品の認知訴求を目的に「アイボン」「フェミニーナ」「熱さまシート」などのブランドサイトや、携帯向けのコーポレートサイトとブランドサイトを展開している。同社は6月21日付けでサイトの障害を告知していた。広く知らせることを目的としているため、ウェブサイトは同社の広告グループが管理している。

 ファーストサーバはこれらのブランドサイトをホスティングしていたが、障害発生とともに28のウェブサイトもダウン。22日午後にはフェミニーナなど18のブランドサイトなどが復旧したものの、残る10のサイトは依然としてアクセスできないままになっている。

 小林製薬では「今回(の障害で)どのくらいの影響があったのか、(インパクトを)測る術を持っていない」(同社広報)と不安な気持ちをのぞかせているが、「現時点でお客様(一般消費者)からのお問い合わせは確認できていない」(同社広報)ともコメント。製品情報はコーポレートサイトにも掲載しているため、消費者への情報提供は途絶えていないとの認識だ。

 今後の対応については、「(障害が起こったウェブサイトの)数が多い。また、サイトは商品の広告的要素を持っている。今回は大企業から個人までが被害を受けているが、同じように対応していくことになるだろう」としている。

 小林製薬では順次、ウェブサイトを復旧させていきたい考え。状況が落ち着いた後で「ファーストサーバと話し合うことになるだろう」としているが、障害発生後、先に連絡を取ったのは小林製薬側。「ファーストサーバも時間がなさそうな様子だった」とのことで、ユーザーへの対応も遅れていることが見て取れる。

 ITRの内山悟志代表取締役は、「データセンター事業者によるデータの消失というのは前代未聞だ」とコメントしている。

追記(6月25日 午後4時)
小林製薬では6月22日 午後6時30分にすべてのサイトが復旧したことを発表している。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]