世界最速のデデュープ、意味ベースのリカバリ--HPが謳う新世代のデータ保護 - (page 2)

柴田克己 (編集部)

2012-06-28 15:16

 Scott氏は「バックアップ速度で3倍、リストア速度で5倍——EMCで1週間かかるリストア作業を、HPであれば1日以内で完了できる。EMCはデデュープ技術でのリーダーシップを取ろうと試みたが、その天下は数週間に終わった」と述べ、強力にHPの優位性をアピールした。

 さらに、バックアップシステムについて、EMCからHPへの移行を成功させた企業として、米国の携帯電話会社であるmetroPCSの事例を紹介した。同社では、EMCのAvamar、CLARiiON、Centeraによるストレージ環境を、HP StoreOnce B6200 with Data ProtectorおよびHP 3PAR with X3800 NAS Gatewayへと移行することにより、約1100万ドルのデータ保護コストを削減することに成功したとする。

 移行によって、以前は5つ存在したバックアップシステムを1つに統合。必要なラック数も10ラックから3.5ラックに削減し、電力コストを75%、ストレージコストそのもののコストも40%削減できたという。

Autonomyの技術で実現する「意味ベース」のバックアップ

 パフォーマンス面に加えて、「データバックアップのプロセス自体も壁に突き当たっている」とScott氏は続けた。

 情報環境の変化に伴って、企業がバックアップすべきデータの量が増大するとともに、その種類も多様化している。従来のトランザクションデータに加え、特に増加量が著しいのは、テキストや映像、音声データなどの「ヒューマンインフォメーション」、いわゆる「非構造化データ」だ。

 こうした非構造化データの増大によって、システム単位でのレガシーなバックアップ/リカバリプロセスは限界を迎えつつあるというのがHPの主張だ。Scott氏は、その限界を超えるための答えのひとつが「意味ベースのデータ保護(Meaning based protection)」であるとする。

 このソリューションの核となるのは、HPが2011年に買収したAutonomyの情報管理プラットフォーム「IDOL10」である。HPでは、このIDOL10の意味認識エンジンと、バックアップ/リカバリソフトウェアである「HP Data Protector 7.0」を統合することで、データに含まれる「意味」を考慮したバックアップ/リストアを実現できるとした。

 Scott氏は「IDOL10とData Protectorの統合により、世界で唯一の『意味ベース』のバックアップソリューションが実現する」と言う。例として挙げられたのは、すべてのバックアップデータの中から「Meg Whitman」に関する情報をピックアップし、リカバーするといった場合だ。この際には、名前の文字列そのものが含まれるデータだけではなく、特定の年代の「HP's CEO」について言及しているデータもピックアップ対象とできる点が「意味ベース」のゆえんであるという。

「このソリューションにより、リカバリのプロセスをより高度化できるとともに、電子情報開示制度であるeディス化バリへも容易に対応できる」(Scott氏)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]