編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

資生堂販売、デスクトップ仮想化サービス導入--3500端末がクラウド上で稼働

田中好伸 (編集部)

2012-07-02 17:25

 資生堂販売はデスクトップ仮想化サービスを導入した。約3500端末が稼働している。新日鉄ソリューションズのIaaS「absonne」の上でシトリックス・システムズ・ジャパンのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Citrix XenDesktop」を稼働させている。

 資生堂販売は、新日鉄ソリューションズが提供するデスクトップ仮想化サービス「DaaS@absonne」を導入した。エンドユーザーの生産性向上や運用負荷軽減が目的。クライアント端末管理にかかわるシステムをフルアウトソーシングしたことになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]