編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

メールもソーシャルメディアも使えないブラックアウト--7月9日にご注意

田中好伸 (編集部)

2012-07-06 17:47

 いよいよ7月9日が迫ってきた。先日掲載したように、インターネットにまったく接続できなくなる“ブラックアウト”の状態になってしまう可能性がある。単純に一部のウェブサイトが見られなくなると言うのではなく、メール、IMでのオンラインチャット、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディア、そのすべてが使えなくなってしまう。ネットでの通信途絶、まさにブラックアウトだ。

 「DNSChanger」と呼ばれるマルウェアに感染したPCを含むコンピュータは米国時間の7月9日を過ぎると、まったくネットに接続できなくなってしまう。その名前が示す通り、DNS(Domain Name Server)を書き換えてしまうからだ。

 DNSは、ウェブサイトのサイト名をコンピュータ同士が通信するために使用されるIPアドレスに変換するためのものだ。ブラウザにサイト名を入力すると、DNSを通して、そのウェブサイトを見ることができる。もし不正なDNSサーバに設定をしていると、一切のネットに接続できなくなる。DNSChangerに感染したコンピュータは7月9日以降にそうなってしまう。

 こうした事態を受けて、マカフィーではPCが感染しているかどうか確認するサービスを提供している。感染した場合は、サイト上で設定を修復するプログラムをダウンロードすることもできる。

 いま一度、使っているPCが感染しているかどうかを確認することをお勧めする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]