編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ユナイテッドアローズ、RFIDシステム導入--一括読み取りで会計処理を効率化

田中好伸 (編集部)

2012-07-11 17:42

 大手アパレル専門店のユナイテッドアローズは、RFIDでの店舗オペレーションシステムを9月から試験導入する。日本NCRと住金物産が7月11日に発表した。

 ユナイテッドアローズが展開するグリーンレーベルリラクシングに導入する。今回のシステムは、POS端末に接続されるRFIDのリーダ/ライタ、入出荷用のハンディ端末、棚卸用のアンテナ、クラウド上のRFID管理サービスで構成される。

 店頭での会計時に商品値札のバーコードを1点ずつ読み取る代わりに、RFIDの値札を一括で読み取ることで、会計処理を効率化できる。接客時間が拡大するなど顧客サービスの品質向上を図れるとメリットを説明する。店舗での棚卸や商品の入出荷検品などの業務も、RFIDで値札を一括読み取ることで効率化できるとしている。

 今回のシステムは、すでに構築されている基幹系や業務系の各システム、販売時点情報管理(POS)システムと連動でき、大幅なシステム変更が必要ないと説明する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]