Microsoft WPC 2012

バルマーCEO「Windowsは魂であり接着剤」--豊富な商材でパートナーを魅了 - (page 2)

怒賀新也 (編集部)

2012-07-12 10:20

 実際のところ、Microsoftのパートナービジネスの稼ぎ頭はOfficeだ。Office担当のプレジデントでYammerの買収も主導したKurt DelBene氏は「Office 2010は前版の5倍の速さで売れている」とアピール。

 ホームセンターのRoseはクラウド版Office「Office 365」を20万ユーザー分利用している。Ballmer氏が「20万ユーザー?」と甲高く、わざとらしい声で叫び、場内の笑いを誘った。さらに、Burger King、経営再建中の日本航空(JAL)が大規模ユーザーであることを紹介。JALだけを指しているかは不明だったが「良い会社になればいいね」とDelBene氏がエールを送った。

Ballmer氏と議論するKurt DelBene氏
Ballmer氏と議論するKurt DelBene氏
初日の基調講演のオープニングはシルク・ドゥ・ソレイユが飾った
初日の基調講演のオープニングはシルク・ドゥ・ソレイユが飾った

 潜在ユーザーは40億人いるともいわれる中で「Office 365は教育用、ガバメント用も提供している。パートナーが成功の鍵を握っている」とDelBene氏は話した。

 既報だが、このキーノートでOffice 365の新たな販売方法として、パートナー自身がエンドユーザーに請求書を発行できる「Office 365 Open」を開始することを発表した。

 従来、Office 365はMicrosoftとエンドユーザーの直接契約の形態しかなく、実際に販売したパートナーにMicrosoftがキックバックの形でマージンを支払っていた。だがパートナーからエンドユーザーに直接請求したいという要望が世界中から集まったため、Office 365 Openを始める。これにより、パートナー企業がOffice 365に付加価値を加えた上でパッケージとして直接販売できるようになる。

 参加した日本のパートナーからは「Office 365 Open」を高く評価する声が多かった。一方で、「日本マイクロソフトの展開方法を見極めたい」とする意見も多かった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]