Microsoft WPC 2012

バルマーCEO「Windowsは魂であり接着剤」--豊富な商材でパートナーを魅了 - (page 3)

怒賀新也 (編集部)

2012-07-12 10:20

 2日目の7月10日は、パートナーを通じてMicrosoftがエンドユーザーに売り込みたい「商材」を、1万6000人が見つめる4つの大画面スクリーンを通じて紹介した。

 会場が最もわいたのは、派手さのあるWindows Phoneの説明だ。Windows Phone担当のバイスプレジデントのThom Gruhler氏は「入社90日しか経っていないが、この場にいることに興奮する」と話した上で、「Windows PhoneはWindows 8と同じコードベースであり、UIが美しく、パフォーマンスがすごい」と製品をアピール。

 Windows Phoneが米国ほど普及していない日本ではピンとこないが「2012年7月のAmazon.comのデータで、サービスプラン込みでエンドユーザーに評価された10機種のうち7機種がWindows Phoneだった」という。

Amazon.comで10機種中7つがWindows Phoneだった
Amazon.comで10機種中7つがWindows Phoneだった

 「Windows Phoneがスマートフォンユーザーにあまり知られていないことが問題だ」とし、知名度を上げればWindows Phoneのシェア拡大が見えてくることを示唆した。

 Gruhler氏が強調したWindows Phoneの機能は「Metro UI」の「ライブタイル」。使いたい機能のタイルを大きく、使わない機能は小さくすることで、UIをパーソナライズできる。

NFCの利用も想定する
NFCの利用も想定する

 「音楽好きなら音楽携帯、ソーシャル好きならソーシャル携帯、ニュース好きならニュース携帯、スポーツ好きならスポーツ携帯にできる」との説明に、パートナーは拍手。手ごたえを感じたようだ。

 さらに、NFC(Near Field Communication)を利用した「電子財布」としての機能の可能性も紹介した。さまざまなカードで分厚くなりがちな財布の中身について、クレジットカードから割引券などさまざまなものを電子化し、スマートフォンに搭載できることを紹介した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]