賢明な印象を与えるための10の方法

Calvin Sun (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2012年07月30日 07時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 好むと好まざるとに関わらず、同僚や顧客、上司はあなたの言動に基づいてあなたの印象を形成する。あなたが賢明でないように見えれば、あなたのキャリアには悪影響がある可能性が高い。この記事では、それを防ぐためのヒントをいくつか紹介する。

1.題材について知る

 明白なことに聞こえるだろうが、議論している主題について知っておくことほど、問題を防ぐのに役立つことはない。知っていることが多いほど、経験に基づいて提供できる知見も多くなり、間違ったことを言ったり、間違った立場をとる可能性は減る。さらに重要なのは、題材について知っていれば自信を持つことができ、その自信が声色や振る舞いにも表れるということだ。特定の製品に取り組んでいる間に、やけどをする可能性を減らす方法を知っているのなら、その知識を恐れずに共有すること。

2.他の人よりも3歩先を行く

 このポイントは、最初のポイントと関係がある。自分が話していることについて知っているだけでなく、聞かれる可能性が高い質問を予想し、答えを用意しておくべきだ。言い換えれば、単に情報をそのまま繰り返す以上のことをする必要があるということだ。情報を分析して、それが目的や聞き手の懸念とどう関連するかを分析できなくてはならない。ソフトウェアの実装について話しているなら、問題が生じる可能性がもっとも高いのはどの領域だろうか。トラブルシュートがもっとも難しいのは、どのハードウェアとソフトウェアの組み合わせか。こうした答えを持っていれば、あなたの情報に対する聞き手の評価はより高くなるだろう。

3.答えをでっち上げない

 どれだけ準備をしても、答えを知らない質問を受ける場合がある。そのような場合には、推測で答えたいという衝動に耐えること。その答えは正しいかもしれないが、間違っている可能性の方が高く、最初に間違った答えをして、その後で修正することは、答えを知らないと言うよりも悪い。もちろん、質問に複雑な状況が含まれている場合は、基本的な質問に答えられない場合に比べて、聞き手は答えられないことに理解を示してくれるだろう。

 同時に、答えられることにはできるだけ答えるよう心がけること。例えば、質問に複数のソフトウェア製品の相互作用が関係している場合は、個々の製品について答えられることは答え、相互作用について説明するには、さらに分析する必要があるとだけ言えばよい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算