編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ウェブアプリ生成ツール「Web Performer」新版--FirefoxやChromeにも対応

田中好伸 (編集部)

2012-07-31 17:36

 キヤノンソフトウェアは7月31日、ウェブアプリケーション生成ツールの新版「Web Performer V1.2.2」の販売を開始した。Standard Edition(SE)が300万円から、Enterprise Editionが500万円から(どちらも税別)。SEの実行環境はSystem iとWindowsに限定される。

 今回の新版では、マルチブラウザ環境下で利用するウェブアプリケーションを100%自動生成できると説明する。AjaxやJavaScriptを活用した操作性の高いウェブアプリケーションをFirefoxやGoogle Chrome、Safariでも利用できるようになっている。ウェブ開発者はJavaScriptなどのブラウザ依存による仕様の差異への対応に悩まされることもないとしている。

開発環境
Windows GUIOSWindows XP/Vista/7
ツールEclipse 3.3/3.4/3.5/3.6/3.7
APTomcat 5.5/6.0
ツールAdobe Flex Builder、Flash Builder 4(SDK 3.5)
Adobe Flash Builder 4(SDK 4.0)/4.5(SDK 4.5)/4.6(SDK 4.6)
フレームワークCairngorm Framework 2.2
ウェブGUIOSWindows XP/Vista/7
ブラウザInternet Explorer 6.0/7.0/8.0/9.0
APTomcat 5.5/6.0
実行環境
サーバOSWindows 2003 R2/2008/2008 R2
AIX V5.3/6.1
Solaris 9/10
Red Hat Enterprise Linux 5/6
i5/OS V5R4、IBM i V6R1
DBOracle Database 10g/11g
SQL Server 2005/2008/2008 R2/2012
DB2 v9.1/9.5/9.7
DB2 UDB for iSeries
APWebSphere 6.1/7.0/8.0
WebLogic 9.1/9.2
Tomcat 5.5/6.0
Oracle Application Server 10.1.3.4、Oracle WebLogic Server 11g 10.3.3/10.3.4/10.3.5
Oracle WebLogic Server 12c 12.1.1
uCosminexus Application Server Standard V8.5/8.7/9.0
クライアントOSWindows XP/Vista/7
ブラウザInternet Explorer 6.0/7.0/8.0/9.0
Firefox 10以上
Google Chrome 19以上
Safari(10月以降対応予定)
Adobe Flash Playere 9/10/11
AIR 1.5/2.7/3.2

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]