編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ブルーコート、モバイルアプリを制御する新機能を追加--一部ユーザーは無料

ZDNet Japan Staff

2012-07-31 17:58

 ブルーコートシステムズ合同会社は7月31日、モバイルアプリのセキュリティリスクを解消する「モバイルアプリケーションコントロール」を発表した。従業員の私物デバイスの業務利用、いわゆるBYODが盛んになるなか、無許可のアプリケーションを取り締まり、企業ネットワーク上の端末に一貫したポリシーを施行するための機能となる。

 モバイルアプリケーションコントロールは、Webアプリケーション向けに提供している動作管理をモバイルアプリケーションに拡張した機能。アプリの挙動を管理することで、Webとモバイルの両方のアプリについて、特定の挙動に対してポリシーを施行できるようになる。

 「Blue Coat ProxySGアプライアンス」のサポート契約中で「WebFilter」を利用しているユーザー、および「Blue Coat Cloud Service」のユーザーは、同機能を追加料金なしで利用することができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]