編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

変わりゆく金融サービスのイノベーション--期待されるアップルのような存在

飯田哲夫 (電通国際情報サービス)

2012-08-07 08:00

 Google Walletのサービスが拡充された。もともとは、MasterCard及びCitibankとスタートしたモバイル決済サービスであるが、これからはVisa/Master/Amex/Discoverから発行された全てのクレジットカード及びデビットカードがサポートされるようになるという。

 しかしながら、このサービスはNFC技術に基づいたサービスであるため、NFCをサポートするモバイル端末が増えることがまだ課題としては残る(ただし、これらは今のところ米国に限った話)。

 こうしたサービスもバックエンドで支えるのはクレジットカード会社や銀行であったりするが、ユーザーエクスペリエンスを支えるのはデバイスやアプリケーションを提供するプレーヤーである。Google Walletの場合にはGoogleということになる。

 そして、InformationWeek誌が、このGoogle Walletの最大のライバルとして掲げているのはPayPalであって、トラディショナルな金融プレーヤーではない。

新しい金融サービスのチャレンジ

 こうした金融サービスの革新へ向けたチャレンジは、モバイル決済に留まらない。

 先日、口座開設受付を開始したSimpleという金融サービスがアメリカにある。提供するサービスは預金や決済だったりするので銀行と変わらないが、バックエンドの勘定処理は提携する銀行に委託し、自らは銀行ライセンスを持っていない。

 つまり、銀行ではないのであるが、フロントエンドの商品開発とサービス提供のみを自らのブランドで担う。

 一方、イギリスでは、Marks & SpencerやVirginのような消費者へのブランド認知が非常に高い企業が、銀行業に参入している。Marks & Spencerは、HSBCとの提携によってサービスを実現し、VirginはNorthern Rockという破綻した銀行を買収することで自ら乗り出す道を選んだ。

 こうした新しい動きに共通するのは、旧来の銀行や証券会社が持つ金融サービスのイメージを払拭し、生活者の目線で再構築しようというものである。それ故に、新規に参入するプレーヤーは、ベンチャー企業であったり、リテーラーであったりするのである。

モジュール化からエクスペリエンスへ

 金融サービスは分業化が進み、商品の製造と流通が分離した。例えば、保険商品は、かつては保険会社が作って保険会社が売るものであったが、今は、それを銀行が販売したりする。そして、商品の選定や販売にあたっては、企業系列を超えた品ぞろえが行われることもある。

 新手のプレーヤーによる金融サービスのイノベーションは、多くはこの金融ビジネスの分業やモジュール化の流れをうまく活用し、バックエンドの商品提供を既存のプレーヤーに任せ、フロントエンドの流通・販売の部分で工夫をしているケースが多い。その場合も、単に与えられた商品をそのまま売るのではなく、商品性にも何らか付加価値を加えている。

 ただ、一方で、バックエンドを自由に変えられない以上、サービス内容や商品設計には、常に制約が付きまとい、コスト面での自由度も限られることとなる。

 さて、金融サービスのイノベーターによるサービスが、こうした制約を乗り越えて、どこまで金融サービスの概念を変えることが出来るか楽しみである。次々とこれまでにないユーザーエクスペリエンスを実現してきたAppleも、そのデバイスの部品はサードパーティのものである。

 しかし、フロントエンドからバックエンドまで一貫したエクスペリエンス設計が出来れば、これまでにないサービスを実現できることは実証されている。金融サービスにおけるAppleが待ち望まれる。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

飯田哲夫(Tetsuo Iida)

電通国際情報サービスにてビジネス企画を担当。1992年、東京大学文学部仏文科卒業後、不確かな世界を求めてIT業界へ。金融機関向けのITソリューションの開発・企画を担当。その後ロンドン勤務を経て、マンチェスター・ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)を取得。知る人ぞ知る現代美術の老舗、美学校にも在籍していた。報われることのない釣り師。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]