編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

東証の先物取引が再開

怒賀新也 (編集部)

2012-08-07 10:45

 東京証券取引所は8月7日、午前9時18分ごろにTOPIX先物や国債(JGB)先物など東証が提供しているすべてのデリバティブ(金融派生商品)の取引が停止していることを明らかにした。現物取引およびToSTNeT取引は影響を受けていない。理由について「売買システムの稼働に支障が生じ、取引を継続して行わせることが困難」としていた。

 その後、10時40分に受付を開始し、同55分に再開した。

 なお、障害を起こしたシステムは、東証が現物取引などに導入している高速株式売買システム「arrowhead」で稼動しているものではない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]