「Ubuntu 12.10」 -- 新機能、そして新次元の使いやすさ - (page 2)

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2012-08-29 07:30

Dash Previews

 もう一つの本当にクールな機能は、「Dash Previews」だ。この機能は、Dashの中からアプリケーションのプレビューを表示する。これは、ユーザーがアプリケーションやファイルの他、音楽、動画などさまざまな項目のプレビューをいつでも見られるということを意味している。これらのプレビューは、アプリケーションを立ち上げなくても見ることができる。例えばメディアファイルであれば、曲を検索してそれを(Dashに表示されたときに)右クリックすれば、すぐにその音楽に関するタグ情報が表示されるのと同時に、その音楽が自動的に再生され始める。

より簡単にアプリケーションをインストール

 Ubuntuの開発者は、アプリケーションのインストールを驚くほど簡単にした。ユーザーは「Unity Dash」からアプリケーションを検索することができる。アプリケーションがインストールされていれば、検索結果にはそれが表示されるが、もしなければ、Ubuntuソフトウェアセンターから得られたアプリケーションのリストが表示される。そこでインストールしたいアプリケーションをクリックし、sudoのパスワードを入力すれば、そのアプリケーションはPCにインストールされる。Ubuntuソフトウェアセンターを開く必要はない。

その他の改善点

 ユーザーはまた、かなりの性能向上を感じられるはずだ(これは3.4カーネルのおかげだ--わたしは3.6カーネルでこの恩恵が受けられると思っていたのだが)。ARMベースのシステム向けに行われた性能最適化のおかげで、Intelベースのシステムも性能が上がっている。また、UnityのためのOpenGLの性能最適化による性能向上もある。

 さらに、アップデートマネージャにも手が加えられた。これは、Ubuntuソフトウェアセンターとアップデートマネージャの間の混乱を軽減するためだ。アップデートマネージャは今回、目的が非常に明確にされ、使いやすくなった。

 それから、Ubuntu 12.10用のダウンロードISOイメージが、800Mバイトの単体のイメージになったことも知っておいてほしい。CD用のイメージとDVD用のイメージが1つに統合されたのだ。これによって、ダウンロード時間が影響を受けることに注意してほしい。

 Ubuntu 12.10の最大の改善点はウェブの統合であり、これは極めて筋の通ったものだ。デスクトップの世界は、ますますクラウドベースのツールに依存するものになってきている。これらのツールとデスクトップを直接的に統合することは賢い選択であり、Ubuntuは競争でさらに優位に立つだろうとわたしは思う。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]