コンサルティングの現場から

ITを体系的に理解する:ITの歴史は「伝票・台帳・帳票の進化」 - (page 4)

宮本認 (ガートナー ジャパン) 2012年09月04日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「あるある、あるよ、ホストじゃないって感じの意味だろ?」
「そうです。まぁ、概ねあってますし、副社長としてはそれくらいご存じならば十分だと思います。そのオープン系が台頭してきたんですよ。イメージにすると、それまではコンピュータって『プレタポルテ』の世界でした。これが『オートクチュール』の世界に入ったって感じかもしれません」
「宮本君……」
「はい」
「私が時計やらスーツやらファッション全般に興味があるからって、一生懸命あわせようと例を考えてくれるのは嬉しいんだが、たぶん、それ、逆だと思うぞ。『オートクチュール』がオーダーメードで、『プレタポルテ』が既製品だよ」
「えっ!?」
「まぁ、いいよ。で、それがどういう意味なわけ?」
「いずれにしても、従来のホストコンピュータは非常に高価でした。だから、コンピュータの能力、あ、これは『速度』と『容量』ですね。非常に高価だったんですが、『速度』と『容量』にはものすごく制約があったんですよ。30年前の部屋一杯のコンピュータが、今のPCよりも速度が遅くて容量が小さいんです。だから、先ほどオンラインで伝票を待っているっていったんですけど、コンピュータはダイヤ並に高価なので、チビチビ使っていたんですね。みんな、オンラインとバッチって言うシステムの処理方式を使い分けていたんです。バッチっていうのは、まとめて処理するってくらいの意味なんですが、まとめて処理をするバッチの方がコンピュータの能力をフルに使いやすいものですから、バッチ中心の処理方式を中心において、システムの設計をしたりしてたんですよね」
「へぇ、バッチって聞いたことあるよ。『バッチが終わりませんでした!』とか」
「給与計算なんかは、同じ処理を社員分だけやるので、未だにバッチ中心ですよね。このバッチ処理って、今となっては本当に厄介で、おかげでシステムを複雑にしているんです」
「なるほどねぇ。古いってのは、単に箱が古いとかだけじゃなくって、設計が古いって意味もあるんだな。でも、バッチ処理でどうして複雑になるの?」
「お、するどい。それを説明するには、データベースの説明をしなければいけません」
「じゃ、してして」
「伝票を台帳に登録する。この台帳が、言うなればデータベースなわけなんですが、我々の感覚では、システムってソフトウェアとハードウェアって感じを持つよりかは、データベースの塊って感覚の方がより近いんです」
「は?」
「多くのシステムは、とどのつまり、入力データをデータベースに更新して、そして、データベースのデータを使って計算や集計をして、帳票などを作るってことをやっています。そういう意味で、データベースが肝なんです。ですが、バッチだとこのデータベースを順番に更新しなければなりません。そのために、多くの手順や『中間的なデータベース』——僕たちはこれを『ファイル』って呼んだりします——を作るといった手順を踏みます。これだけならいいんですが、ここに『追加開発』や『改修』が入ってくると、いろんなプログラムやファイルを建て増ししていきます。これが、ちゃんと資料に記録されているならまだいいんですが、担当が変わってしまったり、プログラムを作るときにコピーしてしまったり、それを記録していなかったり、記録が間違っていたりと、小さな出来事が積み重なると、『わからない』状態が生じ始めます。それが、10年、20年と積み重なると、『わからない』ことだらけの、多くの手順を踏む……すなわち複雑なシステムが出来上がるわけです。それを『建て増しを繰り返して迷路のようになっている温泉旅館』って形容する人もいますが、まさにそんな感じです」
「要は、複雑に作ったものを、更に複雑にしてるってことね」
「あ、そうですね。話を戻して、ここでオープン系の話に戻ります。オープン系の時代になり、コンピュータが安価で手に入るようになった。そうすると、やりたいことが出てきます。それは何かと言うと、『データベース更新を極力オンライン化する』ってことです」
「うん、そうだね。私もそうしたい」
「そこで出てくるのが、ERPです」
「え?」
「ERPです。え、何か?」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]