国内BPM/BAM市場、18%成長--大企業への導入進む、2012年度も19%増

田中好伸 (編集部) 2012年09月05日 13時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・ティ・アール(ITR)は9月5日、市場調査レポート「ITR Market View:SOA/連携ミドルウェア市場2012」を発刊した。2011年度の国内のビジネスプロセス管理(BPM)とビジネス活動監視(Business Activity Monitering:BAM)の市場は前年度比17.9%増の約61億円になったという。

 2011年度の国内BPM/BAM市場は、シェアの上位から中堅にかけてのベンダーの出荷金額は軒並み増加したことに起因しており、大企業への導入が進んでいるという。2012年度も前年度比18.9%増と引き続き大きな伸びを予測している。

図 2011年度BPM/BAM市場ベンダーシェア(出荷金額ベース、出典:ITR)

 2011年度の同市場でのベンダーシェアは、IBMが堅調な売り上げで1位を維持、2位のSAPは出荷金額が前年度から41.4%増と大きく伸ばして、IBMとの差を縮めている。3位のインフォテリア、4位のアプレッソが前年度と同様に続く結果になっている。ITRシニアアナリストの甲元宏明氏が以下のようにコメントしている。

 「厳しい国内経済状況を受け、事業全体のビジネスプロセス改革への取り組みを始めるユーザー企業が増えている。このニーズに応えるには、単にBPMソフトウェアの機能を強化しても有効ではなく、ビジネスプロセスの標準化や業務改革の提言といったコンサルティング的な支援が必須。外部コンサルティング企業とのパートナーシップなどのユーザー企業への支援体制を整備することが、BPMを扱うベンダーやSIerにとって重要な課題になるだろう」

 レポートは、BPM/BAMのほか、アプリケーションサーバやエンタープライズサービスバス(ESB)、複合イベント処理(CEP)、電子データ交換(EDI)ツール、データを抽出変換ロードするETL、ファイル転送という7つのソフトウェア分野の動向を分析している。

 2011年度の各市場を見ると、アプリケーションサーバが前年度比6.7%増、ESBはクラウド需要から同17.9%増、CEPは同175.7増と高成長を継続、EDIツールはリプレイス中心で同2.0%増、ETLは同4.1%、ファイル転送は同11.1%増と2桁成長を維持している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算