編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

日立、ファイルストレージのエントリモデル「VFP80」--容量が7.5倍に

田中好伸 (編集部)

2012-09-06 14:21

 日立製作所は9月6日、ファイルストレージ製品「Hitachi Virtual File Platform(VFP)」シリーズのエントリモデルとして「Hitachi Virtual File Platform 80(VFP80)」を発表した。価格は209万2650円から。9月7日から発売する。

 VFP80が内蔵するハードディスク(HDD)の容量は最大36Tバイト。現行モデルのVFP70の7.5倍になる。各拠点に設置されたVFPにキャッシュとして保存できるデータ容量を拡張でき、より高速なデータアクセスが可能になるとメリットを強調している。

 搭載するHDDに、現行モデルで採用しているSAS(Serial Attached SCSI)HDDよりも安価で大容量なニアラインSAS HDDを採用し、容量を拡張しながら価格は現行モデルと同等に設定したことで高いコストパフォーマンスを実現したと説明している。

Hitachi Virtual File Platform 80

 筐体幅は2Uと省スペースという。ウィザード形式でシステムを設定できるGUIを管理画面に採用、システム導入や運用が容易になり、約10分で初期設定を完了できると説明。専門のストレージ管理者の配置が難しい中堅中小企業、企業の拠点や部門での導入に適しているという。

 日立は、企業の各拠点や部門などで発生した非構造化データをデータセンターに集約し、効率的にデータを利用できる仕組みとして「コンテンツクラウド」を提唱。VFPとバックアップやアーカイブの用途を想定したストレージ製品「Hitachi Content Platform(HCP)」がコンテンツクラウドの中核製品になる。

 企業の拠点や部門内に設置されたVFPが、データセンターなどに設置されるHCPと連携。拠点とデータセンター間を接続することで、各拠点で発生したデータをデータセンターで一元管理、データの利用頻度に応じた自動アーカイブやバックアップといった効率的にデータを利用できると、そのメリットを説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]