編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ハピルス、クラウド上にログファイルをバックアップする「FlyData」

岩本有平 (編集部)

2012-09-14 10:00

 Hapyrusは9月14日、Amazon Web Services上のS3サーバにログファイルをバックアップするサービス「FlyData」を発表した。メールアドレスを登録したユーザーから順次サービスを提供するという。

 FlyDataは、ログファイルへのパスや担当者のメールアドレス、パスワードを入力し、Amazon S3サーバの設定を行うだけで、自動的にAmazon S3サーバ上にログファイルを保存できるサービス。毎月30Gバイトまでのデータ転送は無料。それ以降は100GBまでで18ドルとなっている。「月30Gバイトというのは、ユーザー数が100万単位の場合を想定しており、基本的には無料と思っていただいて構わない」(Hapyrus 創業者の藤川幸一氏)


Hapyrus 創業者の藤川幸一氏

 Hapyrusは、クラウド上でHadoopによる大規模分散データ処理が行える分析プラットフォーム「Hapyrus」を提供するスタートアップ。9月3日には、アーキタイプやサイバーエージェント・ベンチャーズなどからの資金調達を実施したと発表している。Hapyrus自体もクローズドベータで運用しているが、すでに米Pathなどが利用している。11月にもサービスを正式公開する予定で、価格は月額199ドルからとなる見込み。

 第1弾のサービスをクローズドベータとして提供する中、新たにFlyDataを提供する理由について藤川氏は、「Hapyrusはすでにサービスを運用し、ある程度の規模で使えるようになっている。その一方で、新規ユーザー獲得の一番の障害はユーザーがそもそもクラウドにデータがないこと。まずはデータがないと、(Hapyrusの)利用も始められない」と説明する。

 とは言え、FlyDataはHapyrusの潜在顧客向けだけの製品ではなく、幅広いユーザーの利用を想定している。「まずは『(Hapyrusで)分析をしたい』ということではなく、『クラウドでのバックアップが便利』と思って使ってほしい」(藤川氏)。クラウドへのバックアップとその分析は、大きな1つの製品とも見ることができるが、あえてHapyrusのブランドを使わずに提供することで、分析処理を必要とするユーザー以外への利用を促すという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]