編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
コンサルティングの現場から

ITを体系的に理解する:ITの歴史は「文書の進化」

宮本認 (ガートナー ジャパン)

2012-09-11 12:00

 ITの進化には「伝票・台帳・帳票の進化」という一つの潮流がありました。ITシステムはこの分野において「ERP」という一つの完成形を見ます。

 前回、副社長はERPの歴史を総括して「ITをITらしく使うってことだよ」という結論を得ました

 ガートナー ジャパンのコンサルティング部門でマネージング・パートナーを務める宮本認氏が、コンサルティングの現場から得た知見をもとに、対話形式でITの本質を追究する本連載

 今回、副社長と宮本氏は進化のもう一つの潮流「文書の進化」について対話を始めます。

第4回 サマリー

・文書のIT化は、ワープロからスタートし、PCの普及とネットワークの網羅によって、文書を共有するという新しいワークスタイルを生んだ
・メール、スケジュール管理、文書管理など、ホワイトカラーの仕事の仕方が、大きく変わることとなった
・こうした文書系の発展が、CRMなどの営業支援や、経営管理向けの分析支援などの発展中のシステムの萌芽となり、今なお発展を続けている
・文書系のシステムは、インターネットの登場によって、企業にとって、新たなマーケティング・メディアとして発展した
・さらに進化したインターネットは、その技術を企業内にも転用させ、自社内も普段の生活と同様の『環境』で働けるようにしているとともに、情報システムの提供ルートの一つとしても発展をしていった。それがクラウド


 さて皆さん、「バブル時代」を思い返してください。いえいえ、ネットバブルではありません、80年代の日本を包み込んだ熱狂的なバブルです——(ZDNet Japan編集部)

バブルとともに消えたもの

画像はイメージです

「副社長、バブルのときにあったもので、今はなくなっているもの、何か思いつきますか?」
「何だろう? 怪しいギラギラしたおじさん、いなくなったよな。あと、おしゃれなディスコ……結構、思いつかないもんだなぁ……」
「そう、人間の記憶なんて、そんなもんですね。その中で一つ、思い出していただきたいのが『ワープロ』です」
「あぁ、あったあった。『ワープロ』ね」
「僕もバブル最後期に社会人になったんですが、ワープロを使って目が悪くなっちゃいました」
「私も本当に四苦八苦したよ……罫線が引きやすいワープロとか、変換が賢いワープロとか、いろいろあったよな。そうそう、フロッピーディスクもどんどん小さくなってったりして」
「あぁ、そうでしたね。ここで申し上げておきたいこと。それは『文書を電子化する』ってことです。これが、ITのもう一つの大きな世界です。先ほど、伝票、台帳、帳票という電子化の流れがあったとお伝えしました。そこに、もう一つの大きな柱である『文書の電子化』という流れが出始めたわけです。昔の言葉で『OA』って言われていましたね」
「OAかぁ……あったね、そんな言葉」
「はい。そして、PCの台頭。そして、Windows」
「そうだねぇ、エクセルとか、ワードとか、パワーポイントとか、社内で使う資料がごちゃごちゃし始めたときだ」
「そうです、そうです。文書ってものを電子的に作る行為が、ひとつの完成形をみましたね」
「ま、最近は作る側も上手になってきてるけどね」
「そうですね。で、それぞれのPCでやっていたこと。これ、なんとかしたくなりませんか?」
「ネットワークでしょ?」
「その通り。近くにいる仲間とつないで、LANを作り、みんなで文書を共有する。全国に散らばっている仲間とつないで、WANを作り、みんなで文書を共有する。俗に言う、ホワイトカラーって言う類の人たちの仕事が、結構変わることになりましたね」
「ホワイトカラーなんて、資料作ってるか、しゃべってるか、どっちかしかしてないものね」
「ネットワークでつながると、できることが出始めました。単にファイルを共有するだけじゃなく……」
「あ、メールだ!」
「そうです。メールの発想自体は昔からあって、ホストコンピュータでメール的な機能を作っている企業は結構ありました。どちらかというと、掲示板的なものが近いかもしれませんが」
「でも、確かにこれも私たちの仕事を大きく変えたね。社内で電話を使うことが、ぐっと減ったような気がするし、今となってはメールのない世界は考えづらいよ」
「クーラーとか暖房とかと同じレベルですね。ない生活は考えづらい。この当時、グループウェアというシステムが非常に流行ってましたね」
「確かに。いろんなことをこれでやるようになった。会議室予約に始まり、マニュアルを載せたり、ミーティングのセットアップ、スケジュール管理、当然、資料自体もここで管理するようになったよ。そうそう、業務報告を載せるようになったのも、この頃かもな」
「ワークフローっていうのも、この時に出始めたやり方ですよね。今でも紙の資料は残っていますが、原版はほぼすべてコンピュータで管理するようになりましたし、みんなで共有しているからスケジュールや会議室など、これもコンピュータで管理するようになりました」
「今から考えると、昔どうやってたか覚えてないな」
「そう、笑っちゃいますよね。ですが、この文書を電子的につなぐってのが、今のITの中では非常に重要になってきています。当然、文書っていっても、千差万別でいろいろなものがあるわけですが、組織で働く以上、『資料作るか』『しゃべるか』くらいのことしかしていませんから、そこの働き方ががらっと変わる可能性が、このタイミングで起き始めたんですね」
「文書って言われると、今一つ、ピンと来ないねぇ……」
「そうですねぇ。僕も不勉強で申し訳ないんですけど、『ドキュメント』とか『コンテンツ』がいいかなぁとか、いろいろと思ったりはしているんですけど、『文書』って言うのでいいかと、ひとまずは思っています」
「あぁ! コンテンツの方がいいよ。おそらくは、写真や音楽ファイルや、映像なんかもその中の一つだってことになるんでしょ?」
「いかにも! あ、失礼しました。その通りです。伝票、台帳、帳票って世界では、我々ITに携わる人間の間では、『トランザクション』という言葉でひとくくりで言ってしまうことが多いんですが、トランザクションではない世界、すなわち、コンテンツのコミュニケーションの世界が、ITの重要な世界に入ってき始めたんです」
「あぁ、私たちにもなじみのある世界に、なんとなく入ってきたわけね」

「トランザクション」と「コンテンツ」の融合

「先ほどから説明している『伝票、台帳、帳票』の『トランザクション』が発展し、『文書』の世界をみんなでやりとりするようになると、ある一つの視点が出始めます」
「何?」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]