編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ケンコーコム、SAP ERPをAWS上で稼働--事業運営安定化でクラウドを選択

田中好伸 (編集部)

2012-09-11 11:58

 健康食品や医薬品などをネット上で販売するケンコーコムはIaaS/PaaS「Amazon Web Services(AWS)」上で統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「SAP ERP」を8月から本格稼働させている。SAPジャパンなどが9月11日に発表した。

 ケンコーコムは東日本大震災を契機に、安定的な事業運営の構築を目指して自社運用(オンプレミス)からクラウド対応のシステム構築に着手、2011年内にAWSへの移行を完了させている。一方で、商品数や顧客数の増加に伴って拡大している業務の効率化と安定化に向けて、企業全体を統合的に管理する基幹系システムとなるSAP ERPの導入を進めていた。

 AWS上へのSAP ERP導入は、リスク分散や事業継続計画(BCP)という意図に加えて、ケンコーコムの速いビジネス速度にあわせた選択と説明している。一層の業務効率化と安定化を図り、今後の成長や業容拡大にも迅速に対応していくとしている。

 今回のシステムは、SAP ERPを中核としてベストプラクティスやテンプレート、導入のノウハウを一つにしたパッケージ「SAP Business All-in-One」という形で導入している。NTTデータソルフィスのテンプレート「専門商社向けモデルシステム(略称:BMT)」が採用されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]