ハイブリッドPCの台頭--多様なニーズに応える複数のデザイン

David Meyer (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2012年09月14日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「IFA 2012」カンファレンスで展示されていた数多くのタブレットとウルトラブックのコンバーチブルマシンを目の当たりにすると、われわれは今まさにPCの進化における創造性の最盛期にいると感じられる。こういった数多くの選択肢があるなか、どれが購買者の心をとらえるものとなるのだろうか?

 ハイブリッドデザインがIFA 2012カンファレンスの花形であったということは誰もが認めるところだろう。ベルリンで開催されたこのテクノロジカンファレンスでは、ありとあらゆるノートPCメーカーがタブレットとウルトラブックのコンバーチブルマシンというコンセプトを実現したPCを披露していた。

 全体的に見ると、海の物とも山の物ともつかないこの分野に、これほど多くの製品が登場しているというのは驚きである。確かにASUSは、「Android」を搭載したタブレット型ノートPC「Transformer」シリーズである程度の成功を収めている。また、多くの人々は「iPad」にキーボードドックを接続して使用している。

HP「Envy x2」
HPの「Envy x2」。IFA 2012カンファレンスでは、ウルトラブックとタブレットのハイブリッド機が数多く展示されていた。
提供: David Meyer

 しかし、こういった新しいハイブリッド製品群はいくつかの点で今までのものと大きく異なっている。まず、現時点ではまだ市場に投入されていない「Microsoft Windows 8」が搭載されている。次に、これらの製品はノートPCユーザーを主なターゲットとしており、タブレットユーザーは二の次となっている。実際のところ、これらの製品群はノートPCにおける形状の進化と、タブレットへのシフトという流れに危惧を抱いているPC業界全体による取り組みの表れだろう。

 こういった取り組みが成功するかどうかは意見の分かれるところだろう。Tim Anderson氏は、タブレットユーザーの多くがノートPCのようなエクスペリエンスを望んでいるわけではないと述べるとともに、Microsoftが過去にタブレットPC戦略で失敗したことを指摘し、このトレンドに対する否定的な見解をはっきりと主張している。

 筆者は同氏の主張を理解できないわけではないものの、同意はしかねる。筆者の考えでは、多くの人々はノートPCという形状で満足しており、ハイブリッド機というこの新たな流れをタブレットという世界に足を踏み入れるためのきっかけにするはずだ。


東芝の「Satellite U920t」
提供: David Meyer

 実際のところ、筆者は「必携のデバイス」としては7インチという形状が最適だと考えており(筆者はGoogleの「Nexus 7」を所有している)、それよりも大きなタブレットは、ノートPCの代替としてその全機能が利用でき、入力も容易である場合に意味を持ってくるだろうと考えている。ノートPCでできることが10~12インチのタブレットでできないというのであれば、そういったものを苦労して持ち歩く理由などないというわけだ。

 このため筆者はハイブリッド化という流れが実を結ぶと考えている。ただし、ハイブリッド機を開発しているメーカーすべてが成功するとは考えていない。

 こういった新たなハイブリッド機の多くは、よく似た見た目となっているものの、全体的に見るとさまざまな実験のまっただ中だと言える。これは良いことだ。選択肢が多いのは良いことであり、最終的には市場がそれぞれのデザインの成否を決定することになるだろう。

 また、こういったさまざまな実験は実際のところデザインに集約されている。新たなPC/タブレットの内部は程度の差こそあれ、既に似たようなものになっているのである。ポートや接続性といった選択肢も少なくとも今のところは同様であり、USB 3.0やHDMI、Bluetooth 4.0、802.11n Wi-Fiといったものを搭載していないハイブリッド機はほとんど見あたらない。製品によってはIntelの「Ivy Bridge」や「Clover Trail」といったチップセットを搭載しており、ARMプロセッサを搭載しているものももちろんある。しかしこれらの製品はいずれも、大半のユーザーの仕事をこなすうえで十分なものであり、バッテリ寿命の長さのみが購入の決め手となるだろう。

 ここで、成功するのはどの製品かという疑問が残ることになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]