編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

アップルの「iPhone 5」登場が多方面に及ぼす影響

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2012-09-27 07:30

 米国時間9月12日、Appleから待望の「iPhone 5」が発表された。この携帯電話には新たな機能とテクノロジが数多く搭載されているものの、12日の発表で評価される対象はAppleだけではない。では今回のイベントによって、誰が勝ち組となり、誰が負け組となるのだろうか?

 iPhone 5に関するさまざまな情報が数カ月前から漏れ伝わっていたものの、その全容が明らかになったのは米国時間9月12日に開催されたメディア向けイベントが初めてであった。

 同イベント後、市場から手放しで好意的な反応が返ってきたわけではなかったものの、この新型スマートフォンによって「Appleはまだまだイケている企業だ」という一部のコンシューマーの信念が裏付けられるかたちとなった。


 Appleが他社のスマートフォンに「キャッチアップ」する必要に迫られたのは、同社がスマートフォン市場に参入して以来、初めてのことであった。「4G LTE」接続と4インチ画面は、Appleが1年前に搭載を見送り、トレンドを作り出すことができなかった部分だった。

 Appleの起こした波は今後、同社に長期的な利益をもたらすだろうが、この新たなテクノロジによる影響はライバル企業や業界各社、一般の人々に対しても及んでいくはずだ。

勝ち組

Apple: Appleが市場において大勝ちするのは疑いのないことだろうが、コンシューマーの心をしっかりと捉えられるのだろうか?WiredのMat Honan氏は、iPhone 5について「極めて素晴らしい、そしてどうしようもなくつまらない」と評しており、これが多くの人々の偽らざる心情だとも言えるだろう。とは言うものの、他のiデバイスと同様に、iPhone 5は売上チャートの上位にさっそうと登場し、これまでのモデルが発売された時の記録をさらに更新することになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]