キャリアアップのツールとしてLinkedInを最大限に生かすコツ

Thomas Wolff (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2012年10月01日 07時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LinkedInは、登録ユーザーが最近1億7500万人を超えたところであり、ビジネス指向のソーシャルネットワーキングサイトとして、世界でもっとも成功しているサイトだと広く認知されている。では、なぜ多くの人は(特にITプロフェッショナルは)、その機能を最大限に生かし、効果的に対等の相手との関係を構築したり、適切な雇用機会を得るための方法を知らないままでいるのだろうか。

 どうやら、多くのITプロフェッショナルは、ただ「そこに情報を載せればいい」と思っており、履歴書のコピーのようなプロフィールを掲載しておけばいいと考えているようだ。テクノロジ業界のリクルーターや採用担当マネージャーによれば、LinkedInのプロフィールに履歴書をコピーすることは、プロフィールを載せないよりは多少ましという程度に過ぎないという。

履歴書をLinkedInにコピーアンドペーストすべからず

 次のシナリオを想像してみてほしい。あなたはネット上で夢のような仕事を見つけ、その会社に自分の履歴書を送った。その履歴書はしっかりしたもので、リクルーターまたは採用担当マネージャーは、あなたのバックグラウンドや業績によい印象を持ち、あなたについてもう少し知りたくなった。当然ながら、彼らは面接に呼ぶべきかどうかを判断するのに役立つ情報があればと思い、LinkedInに飛びついて、あなたの名前を検索した。彼らがLinkedInのプロフィールを見ると、そこには履歴書に載っているのとまったく同じ情報しかなく、あなたが自分たちの組織に合ったスキルや経験を持っているかについての追加情報を得ることはできなかった。

 それら2つのコミュニケーションツールが同じ情報しか提供しなければ、他の候補者との違いを訴えかける、自分が持つ独自の強みを伝えるチャンスを完全に失ってしまうことになる。

2つの違いは何か

 もっとも基本的な違いは、履歴書が外側に向いたキャリアマーケティングであるのに対し、LinkedInは内側に呼び込むマーケティングであり、雇用主を引き付けるためのものだということだ。理想を言えば、履歴書とLinkedInのプロフィールは相互に補完するものであるべきで、あなたが影響を与えようとしている人、あるいは自分のネットワークに引き込みたい人に訴えかけるものでなくてはならない。

 LinkedInのプロフィールは、自分が持っている職業上のスキルと経験の概要を示すものが意図されているのに対し、履歴書では特定の役割や職位に対するあなたの価値を示すことが求められる。履歴書は、求人広告に出ているキーワードを使い、その仕事を対象とした絞り込まれたものにすべきだ。それに加え、履歴書全体を通じて、リクルーターや採用担当マネージャーに対して、あなたが会社に提供できる価値を説明できる、具体的な業績を示すべきだろう。

 一方、LinkedInのプロフィールはより一般的で、あなたの職業や業界に対して提供可能な、あなたの長所のすべて(あるいはほとんど)を表現するものであるべきだ。このプロフィールは、履歴書よりもずっと砕けたものであっても構わないので、自分の人間性を埋め込むチャンスがある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算