編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

セコム、東電傘下のアット東京を子会社化--床面積で国内No.1に

冨田秀継 (編集部)

2012-09-27 17:16

 セコムは9月27日、データセンター事業者大手であるアット東京の50%超の株式を、親会社の東京電力から取得し、子会社化することを発表した。333億2700万円で取得する。東京電力は引き続き33.3%を保有する。セコムにとっては、同社の事業コンセプト「社会システム産業」をさらに強化することになる。

 警備サービスの国内最大手であるセコムは、2000年にIT事業を担うセコムトラストシステムズを設立。セキュリティに強いイメージを生かして、物理と情報の双方の安全性を高めた「セキュアデータセンター」を開設していた。現在はグループ全体で複数地域に総延床面積約2万平方メートルのデータセンターを保有。2013年10月には約7000平方メートルのデータセンターの開設を予定しているほか、関西地区での大規模データセンター開設に向けて準備を進めている。

 アット東京は、総延床面積20万平方メートルのデータセンターを保有。これは「国内最大規模」(セコム)だという。セコムグループとアット東京の延床面積を合算した約23万平方メートルは、「国内ナンバーワン」(同)の規模だとしている。

 セコムでは、アット東京の既存顧客にはこれまでと同様のサービスを提供していくとしている。また、セコムは堅牢なデータセンターを拠点として、災害対策やサイバー攻撃対策にかかわる事業の本格展開を図る意向を示している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]