編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

電気自動車に乗って考えたスマートフォンのこと - (page 4)

三国大洋

2012-09-28 14:23

人命にも関わりかねない技術

 アップルがiOS 6で追加した新しい地図サービスについては、たとえばジャン・ルイ・ガセーが記しているような現実的かつ同情的な意見も見受けられる。

 「同情的」というのは、地図関連という今後の戦略的にも重要な分野で「アップルとしてはいつまでもグーグルに首根っこを押さえられているわけにはいかない」云々という見方であり、また「現実的」というのは「完璧を期そうとしていてはいつまで経っても新しい製品をリリースできそうにない」「どこかで思い切ってリリースし、その後でフィードバックを活かしながら完成度を高めていく方が、結果的に効率がいい」云々という意見のことである。

 このなかでガセーがアップルの非として挙げているのは、「売り込もうとする製品について、まず自分の方から欠点を相手に伝えておく」というセールスのイロハをアップルがいまだにわかっておらず、いつまで経っても「世界で最高の……」とか、「史上もっとも優れた……」という形容詞をつけて新しいものを宣伝しているという点だけだ(地図情報の精度については「自分の生活圏や旅先に関する情報は正確」であるとして、軽くスルーしている印象)。

iOS 5と6で比較したケイマン諸島(出典:The Amazing iOS 6 Map) iOS 5と6で比較したケイマン諸島
(出典:The Amazing iOS 6 Map
※クリックで拡大画像を表示

 ただし、iOS関連事業を取り仕切るスコット・フォーストルが(しかも、6月のWWDCと先日のiPhone 5発表時の2度にわたって)3D表示のナビゲーションを自慢してみせたアップルとしては、いまさら「iPhoneの新しい地図アプリは重要な場面で当てにならないかもしれません」と自ら言い出せるわけもないだろう。

 また使う側としても、事前にそうとわかっていれば、そして車載のカーナビなど代替手段があれば、当然そんなリスクを伴う製品の利用など避けるという選択もできよう。ただし、全員が全員、そんな判断をするとも限らないかも知れない。というのも、たとえば米国では景気が相変わらずパッとしないなか、外食や衣服の出費を切り詰めてでもスマートフォンにはお金をかけるという流れもあったりするからである。

 このWSJの記事が引いた米労働省の調査結果によると、一世帯あたりの通信費(固定線と携帯通信の両方を含む)は、iPhoneが登場した2007年の1110ドルから、2011年には1226ドルへと増加した。またこの記事には、クルマの購入費用が約20%減、衣服やさまざまなサービスへの出費が7〜8%減、娯楽費5%減となるなか、電話代だけがふた桁増となっていることを示すグラフも出ている。

 そうしたことも考え合わせると、たとえば生活に欠かせない移動手段として中古の自動車を購入し、カーナビはスマートフォンのアプリで済ませようという人がいても不思議はないだろう。

 また、昨年iPhone 4で「Siri」を追加した時でさえ、「テレビCMで宣伝しているほど賢くない」としてアップルを訴えた例もあった。そのことを思えば、iOSの地図アプリに付属するナビゲーション機能の言うことを信じてクルマを運転していたら事故にあったというような苦情や訴えがいつ出てきても不思議ではないという気もする。

 アップルの地図については、私には「現状とりあえず使わないでおこう(少なくともクリティカルな場面では)」としかはっきりと言えることがない。けれども、地図は人命に関わる場面もありそうなことが比較的容易に想像できる技術であることから、もうすこし当事者(アップルとグーグル)間でどうにかならなかったのだろうか……と、EVを運転しながら、そんな答えのない問いに想いをめぐらしていた次第である。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]