編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

IT部門のあり方を変えるソーシャルメディアの10の活用法

Mary Shacklett (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2012-10-03 07:30

 IT部門は、ソーシャルメディアとソーシャルネットワーキングを実装することによって、マーケティングや、経営、事業運営を支援してきた。今では、ソーシャル型のコミュニケーションをIT部門の仕事に役立てる方法も分かってきている。

 IT部門が抱える主な課題は、現在でもプロジェクト管理、技術的な問題の解決、コンサルテーション、情報の精度と速さ、そして常時運用を継続する責任などが中心だ。これらの問題では、対等な立場の人間のネットワーキングや情報共有などに取り込んだ、ソーシャル型の手法が威力を発揮しつつある。以下では、「ソーシャル」型の取り組みによって、ITの世界で何ができるのかを簡単に見ていこう。

1.クラウドによる協調プロジェクト管理

 多くの企業は、デスクトップ版のプロジェクト管理ソフトウェアに業を煮やし、全員が自分のタスクや締め切り、状況を入力できる、クラウドベースのプロジェクト管理ツールに移行しつつある。プロジェクトのチームメンバーはまた、クラウドベースのツールを使うことで、オンラインで協調し、プロジェクトの問題や障害を解決することができる。中には、毎年完了できるプロジェクトの数が2倍に増えた企業もある。

2.スクラムミーティング

 すべてのチームメンバーが集合し、状況を報告し、問題を識別し、それらの問題をグループとして解決する毎週のスクラムミーティングは、プロジェクトを加速するソーシャルネットワーキングを対面で行う、ローテク版の実装だと言える。一部の企業は、この手法に非常に力を入れており、必要なら廊下で直ちにミーティングを開けるようしているところさえある。

3.現場で行うヘルプデスク業務のためのモバイル協調作業および問題解決

 長年の間IT部門は、現場への出張で時間を失わざるを得ない、ヘルプデスク要員やサポート要員たちの問題と格闘してきた。今では、モバイル技術によって、ヘルプデスクの通話の状況をただちにシステムに記録することや、待ち行列からヘルプ要求を選択すること、互いに協力してグループで技術的な問題を解決することさえ可能になっている。

4.研究開発のフォーラムにクラウドを使用する

 クラウド上に置かれ、サードパーティーアプリケーションを活用するサイトが多くなっている中、ベンダーが常に変化する企業顧客のニーズに合わせてソリューションを進化させていくことも同様に重要だ。ベンダー製品に関するソーシャルネットワークのフォーラム・掲示板は、IT部門が次に実現する機能の重み付けをし、次にベンダーに求める機能を決めるチャンスを与えてくれる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]