三国大洋のスクラップブック

iPhoneという名の「イカロスの翼」

三国大洋 2012年10月12日 17時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 まだ1カ月しか経っていないのに、iPhone 5の発表が「もうずっと前にあったこと」と思えてしまう。

 それほどいろんな話題が、あの発表の前後からテクノロジー関連媒体のウェブサイトを賑わせている。今も「ソフトバンクがスプリント・ネクステル買収を検討」といった話題が駆け巡っている。

 その一方で全般の基調はあまり変化していない。

 良くも悪しくもアップルがゲームのルールを定め、それに従って直接あるいは間接的に競合する他社も動いている(振り回されている)ことにあまり変わりはないという印象もある。そんなことから、「何の話に焦点をあてるか」もなかなか悩ましい状況だ。

 今回はひとまず最近気になった事柄を書きだしてみたい。

iPhone 5の供給不足:アップルの「自殺点」

 10月に入ってからiPhone 5の供給不足をめぐる話題が目立ってきた。

 この話題の展開が気になるのは、それがアップルの「自殺点」であるというところ。もう少し丁寧にいうと、アップルが自信をもって臨んだはず——メディアのような外野からも「ほぼ盤石か」と思われていたはずのサプライチェーンとデザインに関するところで問題が生じたからだ。その点では例の地図アプリやサービスのように「不慣れな分野で新しいことに挑戦して、結果的にひとまずしくじった」ことよりも深刻な問題かも知れないと感じられる。

 この供給不足の問題、発売当初は「大幅なモデルチェンジで人気沸騰、注文殺到が主な理由」といった書かれ方が目立っていた。全世界で200万台強という予約注文件数も、500万台以上という発売から3日間の販売台数も、それぞれ過去最高を記録したからことから、「作れば作っただけ売れていく」ような状態になっていた(そして、おそらく今もその状態が続いている)ことは、あながち「間違い」とはいえない。

 また、地図アプリやサービスをめぐる大騒動がもっぱら世間の耳目を惹きつけたせいで、ひっかき傷や擦れによる摩耗の話題も出るには出ていたけれど、それ自体では大きな問題に結びついている気配を感じさせるものでもなかったかと思う。と言うのも、「これまでも大半のiPhoneユーザーがケースを使っているから、そもそもこれを問題にするiPhone 5ユーザーはごく小数のはず……」「iPhone 4の時のアンテナ問題とは異なり、別に『使用上差し支えが』といったものではない……」といった考えが、半ば無意識に働いたことを差している(註1)。

 また、ニューヨークに拠点を置くChina Labor Watch(CLW)というグループが1週間ほど前に「iPhoneの製造ラインがある工場の一つで大規模なストライキが発生」という報告を公開して話題を集めた。(註2)

 ただし、これも周知の通り、フォクスコンでの労働争議は今に始まったことでもなく、また9月下旬に「フォクスコンの工場で現場従業員と監督者のいざこざが暴動騒ぎに発展」という話も出ていたから、「またか」くらいに受け流していたのだった。なお、この件についてフォクスコン側では「ストライキは発生していない」とする声明を出している(註3)。(次ページ「AAPL 二桁下落」)

註1:裸で持ってても同感

この記事の読者コメントに、

日本のユーザーは、オレみたいに裸で持たずに
ケースに入れてる人のが多いから関係なさそうだね。w…

という意見が見られるが、やはり裸で持ち続けている私もまったく同感である。


註2:フォックスコンのストライキ

Laptop Magazineの記事には「品質チェックの基準が0.2ミリメーター」といった記述もあり、「それ以上の大きさの傷は見逃すな」というから「まるでブラック企業だなぁ」と変に感心していたのだった。

The inspectors are apparently under a great deal of pressure to ensure that the iPhone 5s Foxconn produces are free from scratches on their frames and back covers and that they meet strict 0.2 millimeter indentation standards. Qiang says that these rising standards from Apple, an agressive inspection regime and inadequate worker training on how to meet these new expections have created a volatile situation which led to the strike. According to China Labor Watch, workers are also upset that they were not allowed to take National Day, an important Chinese holiday, off from work.


註3:フォックスコンは「ストライキではない」

Foxconn denies China iPhone plant hit by strike - Reuters

また、ストライキ発生を伝えたCLWの話自体がそもそも怪しいという見方も。

Did Chinese IPhone Workers Really Go on Strike? - Bloomberg

A $12 Billion Move In Apple Stock Seems To Have Started With Tweets From A Single Anonymous Source In China - Business Insider

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算