編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日立のソフトウェア開発を支える横浜事業所 新オフィス - 14/14

冨田秀継 (編集部)

2012-10-16 17:58

最後にもう一度「快適 eco プロジェクト」を紹介したい。

ビッグデータの実証実験を謳うこのプロジェクト。ビッグデータには「Volume(量)」「Velocity(頻度)」「Variety(多様性)」という3つのVがあるとされる。

空調や電力というビッグデータについて、三木氏は「現時点で容量はそれほど大きくない。そのため、頻度と多様性が主なターゲットになる。頻度という点では、各種機器からリアルタイムでデータが送られてくる。多様性という点では、種類の違うデータ——人によるアンケートが絡んでくる」と解説していた。

日立では新オフィスを活用したビッグデータの実証実験を進め、業務効率とエコのバランスを実現したいとしている。

最後にもう一度「快適 eco プロジェクト」を紹介したい。

ビッグデータの実証実験を謳うこのプロジェクト。ビッグデータには「Volume(量)」「Velocity(頻度)」「Variety(多様性)」という3つのVがあるとされる。

空調や電力というビッグデータについて、三木氏は「現時点で容量はそれほど大きくない。そのため、頻度と多様性が主なターゲットになる。頻度という点では、各種機器からリアルタイムでデータが送られてくる。多様性という点では、種類の違うデータ——人によるアンケートが絡んでくる」と解説していた。

日立では新オフィスを活用したビッグデータの実証実験を進め、業務効率とエコのバランスを実現したいとしている。

提供:日立製作所

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]