編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

モバイルアプリ開発プラットフォームとしてのHTML5 - (page 3)

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2012-10-23 07:45

クライアント側における処理負荷の軽減

 また同氏によると、TripCaseのようなアプリの場合、クライアント側の処理は比較的軽いものとなっているため、HTML5によって生み出されるCPU負荷は問題にならないという。

 TripCaseは、航空券の手配や座席指定、ホテルの予約を含む、旅行者が旅程を組むうえでで必要となるすべての情報を簡単に使用できるかたちでアプリ内に集約し、またそれらの情報を動的に更新するようにもなっている。

 「旅行を管理するためのプラットフォームと、メッセージ機能を旅行者に提供するというユースケースにおいて、ほとんどの作業はサーバ側で処理され、画面描画のみがモバイル機器側で処理されることになるため、HTML5の採用は理想的であると言える」(Krzyzak氏)

 多くのモバイルアプリは、ゲームのようなマルチメディアを多用したアプリとは異なり、いずれも軽量クライアントとなっており、ボトルネックはたいていの場合、プロセッサへの負荷ではなく、サーバとの通信におけるレイテンシとなっている。

 TripCaseは2013年の初めまでに、ハイブリッド型のHTML5アプリへと切り替えられる予定である。

 HTML5については速度面の懸念が表明されることも多々あるが、モバイル機器のプロセッサは高速化の一途をたどっているのである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]