編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

CTC、ビッグデータ検証環境にExalytics導入--運用サービスも提供

田中好伸 (編集部)

2012-10-24 17:05

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は10月24日、総合検証センター内の「Big Data Processing Lab(BPL)」に新たな検証環境として分析専用機「Oracle Exalytics In-Memory Machine」を導入したことを発表した。Exalyticsの運用サービスも同日から提供している。

 CTCはユーザー企業のニーズにあったビッグデータの検証作業を行うため、2月にBPLを開設している。BPLでは常設環境のほか、スケールアウトを検証するために50台以上のサーバを設置し、オラクル製品をはじめとしたデータウェアハウス(DWH)の機器と連携して、さまざまな製品で検証できる環境となっている。

 BPLは、総合検証検証センター「テクニカルソリューションセンター(TSC)」に設置されている。開設から約半年で十数件の検証を行っており、ビッグデータの活用に向けて金融や製造、製薬、住宅など幅広い業種のユーザー企業が「Oracle Exadata」や分散並列処理フレームワーク「Apache Hadoop」の事前検証を中心に利用しているという。

 今回のExalytics導入では、サーバやミドルウェアなどTSC常駐のエンジニアなど約20人の専任エンジニアがユーザー企業を支援して、導入前に検証する。Exadataと接続した検証が可能となり、より高速にデータを処理できるようになり、分析力が向上すると説明。Exadataのほかにすでに導入されている「Oracle Database Appliance」やストレージ「Sun ZFS Storage Appliance」とあわせて、検証環境を提供すると説明している。

 Exalyticsの運用サービスは、月額30万円から。リモート環境からExalyticsと周辺機器の構成情報やインシデントを管理し、障害発生時にはリモートから障害を調査、切り分ける。オプションで遠隔型運用施設のリモートオペレーションセンターからリモートで監視する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]