編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
トップインタビュー

グローバル展開の敷居を下げたモバイル経済圏--MetaMoJi 浮川社長

大河原克行

2012-10-25 22:55

 「iPad miniやWindows 8搭載タブレットの登場は、我々にとって大きなチャンスになる」——。

 9月26日にiPad対応の手書きノートアプリケーション「Note Anytime(ノート・エニイタイム)」を発売。さらに10月26日にはWindows 8対応版を発売するMetaMoJiの浮川和宣社長はそう切り出す。

 タッチ操作の広がりによって同社が得意とする手書き入力への注目度が高まるとともに、海外展開にも弾みがつくと考えているからだ。浮川社長に新製品の手応えと同社の取り組みについて聞いた。

--9月26日に発売した「Note Anytime」の手応えはどうですか?

 非常にいい手応えを感じています。Note Anytimeの発売以来、App Storeでは無料版の「仕事効率化」で第1位を獲得し続けています。

 Note Anytimeは「もっと自由自在に手書きを楽しんでもらいたい」ということを狙って開発したアプリケーションです。MetaMoJiは、手書き日本語入力システム「mazec」を活用した手書きデジタルノートアプリケーション「7notes」を開発してきましたが、Note Anytimeはさらに自由度を増すことに挑戦した製品。MetaMoJiが蓄積してきたノウハウを活用することで、紙と鉛筆を進化させた新世代のデジタルノートアプリケーションを実現しています。

--何が“自由自在”なのでしょうか

 Note Anytimeの特徴は、とにかく、まずは書いてさえもらえばいいという点です。

 本当は画面のすべてを真っ白にしたかったのですが、それでは何をしていいのかわからないというユーザーが出てきてしまいますから(笑)、どうすればいいのかということがわかるように、最低限の工夫をしています。画面上に丸いボタンがありますので、そのボタンを押せばコマンドメニューが表示され、やりたいことができるようになります。

 手書き文字でも図形でも、まずは画面に書いてもらって、あとからその文字の大きさや色、文字飾を変えたり、位置を移動させたり、向きを修正したりといったことが自由にできます。一文字単位でも文字の部分単位でも変更できますから、自由度は本当に高い。

 しかも、それらの操作が直観的にできます。短時間にNote Anytimeの操作方法を習得できます。

 タッチ機能ならではのピンチインとピンチアウトの操作で、文字や図形の拡大と縮小ができるので、小さな文字を書きたいといった場合にも、まずは文字を書けば、あとからなんとでもなります。拡大と縮小には約700倍の幅があり、畳にして12畳分の広さに相当する領域での編集が可能になります。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]