透過的なクラウド「Oracle Cloud」の可能性

田中好伸 (編集部) 2012年11月01日 16時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは10月30~31日にイベント「Oracle Days Tokyo 2012」を開催。2日目の基調講演には米Oracleでプロダクトマーケティングを担当するグループバイスプレジデントのRobert Shimp氏が登壇して、「Oracle Cloud」の優位性を説明している。

 Shimp氏はシステムの展開モデルとしてプライベートクラウドとパブリッククラウド、その2つを混在させて使うハイブリッドクラウドの違いを説明している。プライベートクラウドは、企業が自ら構築するために初期コストがかかり、運用後もコストがかかる。

Robert Shimp氏
Robert Shimp氏

 だが、プライベートクラウドはユーザー企業が自ら制御できると同時に、どこで何が動いているのか可視性があると説明する。リソースが可視化されることで、ニーズに応じてリソースを振り分けるといったメリットを享受できる。

 プライベートクラウドの場合、複数のアプリケーションでITリソースを共有することになる。複数企業が共同で利用するパブリッククラウドは、アウトソースサービスを利用することであり、マルチテナントでITリソースを共有する。かかるのは運用コストだけだ。

 ハイブリッドクラウドであれば、システム処理の負荷がピークになった時に、パブリッククラウドにあるITリソースを使ってワークロードを振り分けるといった使い方が可能になる。ハイブリッドクラウドは開発環境やテスト環境として活用できるのと同時に本番環境としても活用できる。またパブリッククラウドを活用することで、ハイブリッドクラウドでは、企業間のシステムを連携することも可能だ。

 Shimp氏は、Oracle Cloudに加えて、「Exadata」や「Exalogic」といったオラクル製品があることで、オラクルは「すべてを提供できる」と同社の優位性を強調している。

 これまでのアプリケーションごとにシステムが構築されるサイロ型からクラウドに向けたロードマップとして、Shimp氏は共通基盤化とプライベートクラウドという2段階があると説明する。共通基盤化では、仮想化技術でITリソースを共通化すると同時に、CPUやメモリといったインフラ、OSやミドルウェアというプラットフォームを標準化して、動的にITリソースを振り分けることができる。

 共通基盤化を経た後でのプライベートクラウドでは、IT部門の開発者はもちろんユーザー部門が自らシステムを調達できるセルフサービス、処理の状況に応じて自動的にITリソースが変動するオートスケーリングが可能になる。同時に、ITリソースがどれだけ使われているのかを計測して、使われた分だけ課金することができる。

 ここでShimp氏は「ユーザー企業の大半はプライベートクラウドを活用している。パブリッククラウドを使っているのは小数だ。特定のワークロードを処理するためにパブリッククラウドを活用している」と現状を説明している。

 クラウドを3階層に分けるとIaaSとPaaS、そしてSaaSになる。Shimp氏はIaaSとPaaSを比較して「IaaSとPaaSはトレードオフの関係にある」という。IaaSはハードウェアや電力、データセンターの省スペース化でのコスト削減というメリットはあるとしながらも、「異なるソフトウェアスタックが混在する可能性があり、複雑性は解消されずに、高コスト体質になる恐れがある」と語っている。

 対して「標準化、共有化され柔軟に変更できるPaaSにシステムを統合すれば、ソフトウェアスタックの異種混在性と複雑性を解消でき、コストを削減できる」とメリットを強調。また標準化されているPaaSであることから、「新規のアプリケーション開発を高速化できる」とも説明している。

 こうしたことからShimp氏は「PaaSの方が望ましい」と言及している。加えて、Shimp氏はExadataやExalogic、そしてUNIXサーバ「SPARC SuperCluster」というEngineered Systemsが「システム統合やクラウド環境に最適」と説明。2011年に発表された最新の統合運用管理ツール「Oracle Enterprise Manager 12c」を活用すれば、「すべてのクラウドスタック、すべてのシステムのライフサイクルを管理できる」とメリットを強調している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]