編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

リコージャパン、EMC製統合ストレージを中堅中小向けに拡販

田中好伸 (編集部)

2012-11-14 16:24

 リコージャパンとEMCジャパンは11月14日、中堅中小向けストレージの提供で戦略的パートナーシップ締結を発表した。リコージャパンは中堅中小企業と大企業の部門や拠点を対象に仮想化環境や災害復旧(DR)対策としてEMC製ストレージを提供していく。

 リコージャパンは、EMCジャパンのパートナー販売支援プログラム「Velocity ソリューション・プロバイダ・プログラム」の「アフィリエイト・エリート」契約を締結。EMC製ストレージの技術や知識をより早く入手できるようになる。

 リコージャパンは、ユニファイドストレージのエントリモデル「EMC VNXe」シリーズを中核とした専門知識を持つシステム専任営業約200人を全国に配置して、ユーザー企業のシステム環境統合に最適な提案をできる体制を整備する。サーバやストレージの環境構築から保守までをワンストップで提供する。保守はリコーテクノシステムズが、仮想化環境などの高度なシステム構築はリコーITソリューションズが担当する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]