編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

日経デジタルメディア、会員向けPOS情報サービス基盤を刷新--500社がユーザー

田中好伸 (編集部)

2012-11-20 17:30

 会員企業向けに「日経POS情報サービス」を提供する日本経済新聞デジタルメディアは、中核メニューの「NEEDS-SCAN/TREND」と「日経テレコン21・POS情報」の基盤をTeradata製データウェアハウス(DWH)で刷新、6月10日から稼働させている。日本テラデータが11月20日に発表した。

 日経POS情報サービスは、全国のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなど約800店舗から収集した加工食品、酒類、家庭用品など約1650分類265万商品の販売実績データをもとに、会員が商品単位や店舗形態別の販売実績、分野別のランキング、シェア、地域別の状況、購入者属性など多様なデータを抽出、分析できる。

 日次データ収集後、最短で翌々日には更新データを閲覧できる速報性も評価されているという。製造業や小売業、商社、大学などの会員約500社が日常的にマーケティングや商品開発、調査研究に活用している。

 日経デジタルメディアは、1998年からTeradata DWHを会員サービス用の情報蓄積、整理、分析基盤として利用している。今回サーバの更改時期にあたりDWHアプライアンス「Teradata Data Warehouse Appliance (DWA) 2650」3ノードを新たに採用し、約半年間をかけて全面的にシステムを移行している。

 Teradataの再導入では、過去10年以上の安定稼働の実績と高い分析性能、非定型な処理要求にも対応できるデータ処理能力、移行と運用の両面でのコストパフォーマンスが評価されたとしている。

 新しく導入したDWA 2650の性能に加え、DWHとアプリケーションサーバを分離させたことで処理性能が向上させている。NEEDS-SCAN/TRENDで約7倍、日経テレコン21・POS情報で約3倍、反応速度が向上しているという。

図 NEEDS-SCAN/TRENDと日経テレコン21・POS情報のシステム概要
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]