三国大洋のスクラップブック

IT・選挙・戦略:内製のオバマ大統領、外注のロムニー候補 - (page 4)

三国大洋 2012年11月22日 18時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「NarwhalとOrcaの戦い」(一角クジラとシャチの戦い)などとも言われた今回の選挙。オバマ陣営は包括的なITプラットフォーム「Narwhal」を用意して臨んだが、ロムニー陣営の「Orca」は単体のウェブサービスにすぎず、本番でもうまく機能しなかった。

 オバマ陣営からすると「iPadとFacebookを比較するようなナンセンス」に見えたという。

内製か、それとも外注か

 Ars Technicaは、両陣営が公にした報告書からIT関連の資金使途を詳しく分析している。

How Team Obama's tech efficiency left Romney IT in dust - Ars Technica
Romney campaign got its IT from Best Buy, Staples, and friends - Ars Technica

 両方の記事を比べてみると、システムの内製を選んだオバマ陣営の戦略が、外注に頼らざるを得なかったロムニー側との大きな差につながったという印象だ。このあたりについては準備にかけられた時間の違いなどもあり、単純に「内製か、外注か」という議論にはならないようにも思える。

 ただし、記事の中でも次のような部分には特に注目しておきたい。

  • 「オバマ陣営が使ったIT関連の金額は、ロムニー陣営よりも1450万ドルも少なかった」
  • 「オバマ陣営では、内部のIT関連スタッフの給与に200万ドルを使い、そのほかに利用した(クラウドなどの)外部サービスやコンサルティングサービスへの支払いを9300万ドルに抑えた」
  • 「ロムニー陣営は外注サービスへの支払いだけで2360万ドルも費やした」
  • 「オバマ陣営では、スタッフ全体のなかで最もサラリーが高かったのがCIOのマイケル・スレイビーだったのに対し、ロムニー陣営ではデジタル関連の責任者だったソーシャルメディアプランナーが、技術関連の責任者の2倍以上のサラリーを得ていた」

 これらの点は、両陣営の戦略の違いを物語るポイントでもあり、また今後の戦略構築に際して大きな手がかりとなる事実といえよう。

(敬称略)

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算