物事は集中したほうが成果につながる--デル 郡社長

大河原克行 2012年11月22日 20時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルはここ数年、ソリューションプロバイダーに向けた取り組みを加速させている。

 最近の積極的な買収もソリューション強化を視野に入れたものだといえよう。SonicWALLやWyse Technologyといった企業を買収し、最新四半期にはQuest Softwareの買収を完了。セキュリティ、クラウド、データバックアップ、プロテクション、管理といった事業領域を強化することで、エンド・トゥ・エンドでのソリューション提供体制を整える。

 一方、日本においてはパートナービジネスの拡大に力を注ぎ、直販型のデルモデルとは異なる新たな方向性を模索しているところだ。

 各界のエグゼクティブに価値創造のヒントを聞く連載「ZDNet Japan トップインタビュー」。今回はデルの郡信一郎社長に話を聞いた。

デルの郡信一郎社長
デルの郡信一郎社長

--デルはソリューションプロバイダーへの転換を標榜していますが、その進捗についてはどう自己評価していますか

 残念ながら、まだ満足できるレベルにはありません。

 例えばITで課題を解決したいという時、企業の経営トップが「それならばデルに相談してみよう」というところにまでは至っていません。半年前、1年前に比べると少しずつは変化はしていますが、ソリューションプロバイダーとしての認知度はまだまだ低いと考えています。ソリューションプロバイダーへの道のりは長いもので、半年や1年で終わるものではありません。

 今年1月に(米デルの創業者でCEOの)マイケル・デルは、買収戦略は今後4〜5年間続けていくと語っています。また、4年が経過したからといって、そこでやめるとも言っていません。まだ道半ばだといえます。

--ソリューションプロバイダーとしての認知度向上で、日本ではどんなことに取り組もうと考えていますか

 「デルはソリューションプロバイダーです」と、ただ漠然とメッセージを出しても、なかなか伝わりません。これは私自身の性格でもあるのですが、物事は集中したほうが成果につながりやすい。「デルはこの分野に強い」、あるいは「この分野が得意である」という認知を積み重ねていくことが、ソリューションプロバイダーとして認知される早道なのではないでしょうか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算