編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

オラクル、「Exalogic」新版を提供--メモリ増加で稼働効率が60倍に

田中好伸 (編集部)

2012-11-26 15:50

 日本オラクルは11月26日、アプリケーションサーバ専用機の新版となる「Oracle Exalogic Elastic Cloud X3-2」の提供を開始した。最小構成の税別価格は5078万8500円。価格は前版と同等という。

Exalogic X3-2
Exalogic X3-2(フルラック)

 Exalogic X3-2は、CPUとして8コアの「Xeon E5-2600」シリーズを搭載するIAサーバ「Sun Server X3-2」、共有ストレージとして「Sun ZFS Storage Appliance」、最大40GbpsでストレージI/O速度を高速化する「InfiniBand」スイッチを統合している。ハイパーバイザ「Oracle VM」に対応するとともに、ミドルウェアを高速化するソフトウェア群の最新版である「Oracle Exalogic Elastic Cloud Software 2.0」にも対応している。

 Exalogic Software 2.0は、InfiniBandと関連ソフトウェアを最適化する「Oracle Exabus」、統合運用管理ツールの最新版である「Oracle Enterprise Manager 12c」、大量のアプリケーショントラフィックを動的に管理する「Oracle Traffic Director」などで構成。これらの機能を活用することで、IaaSの大規模なプライベートクラウド環境を容易に構築できると説明している。

 Exalogic X3-2では、搭載できるメモリ容量がフルラック構成で7.7Tバイトと現行マシンの2.6倍に拡大している。メモリ容量の拡大とI/Oデバイス自体の仮想化をハードウェアで実装する技術「Single Root I/O Virtualization」、サーバ仮想化などでアプリケーションの稼働効率が最大60倍に向上しているという。サーバやネットワーク、ストレージの仮想化に完全に対応し、事前検証済みのテンプレートを使用することで、アプリケーションの展開時間を最大で95%で削減できると説明している。

 今回のExalogic X3-2では、新しいライセンスモデル「Oracle Trusted Partitions for Oracle Engineered Systems」に対応する。このライセンスモデルは、Enterprise ManagerとExalogic Software 2.0を使用することを前提に、オラクル製ソフトウェアが稼働するCPU数を制限することで、ライセンス数を効果的に利用できるという。同ライセンスモデルは、Exalogicのほか同社の分析専用機「Oracle Exalytics In-Memory Machine」に適用できる。

画面 Exalogic Software 2.0の画面
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]