編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

SAP、HANAの最新版を発表--基幹系での利用を促進

怒賀新也 (編集部)

2012-11-27 15:42

 SAPジャパンは11月27日、インメモリデータベースソフトウェア「SAP HANAプラットフォーム」の新版として「SAP HANA SPS5」の提供を開始したと発表した。可用性の向上やディザスタリカバリ、セキュリティの機能やサポートを拡大することで、ERPなどの基幹系システムや大規模データセンターといった信頼性が求められる導入環境での利用企業を、これまで以上に増やしていく考えだ。

 リアルタイムコンピューティング事業本部長の馬場渉氏は「HANAが大規模な基幹系アプリケーションをサポートできるようにするために、斬新な機能追加というよりは着実な進捗を示すもの」と話す。

「モバイル、クラウド、HANAの3事業がすべて収益面で倍以上成長している」と世界でのSAPの好調さをアピールした馬場氏
「モバイル、クラウド、HANAの3事業がすべて収益面で倍以上成長している」と世界でのSAPの好調さをアピールした馬場氏

 今後のポイントは「企業へのHANAの導入状況だ」としている。実際に、HANAのリリース後、従来SAPが苦手だったといわれる金融や小売業への導入が増えているとする。SAPの製品をほとんど使っておらず、他社製のデータ分析ソフトウェアを利用していた小売企業が将来を見据えてHANAを導入するなど、データベースとしての機能が評価されつつあるという。

 「メインフレームのようにハードウェアの力強さに頼る環境を、インメモリによるソフトウェアで刷新していく。将来的には、特定の分野だけでなく、あらゆる利用環境をHANAで構築できるようにする。まずはHANA上でのERP稼働を推進していく」(馬場氏)

単一インメモリ環境上にデータとアプリ処理

 HANA SPS5ではインメモリデータベースの単一アーキテクチャ内で、従来は別々に処理することの多かったトランザクション、分析、テキスト、ビジネスルール、イベントストリーム処理向けアプリケーションサービスなどを統合する。これにより、単一のインメモリ環境上で、いわゆるデータベースによるトランザクション系(OLTP)と、ビジネスインテリジェンスなどで用いる分析系(OLAP)の両方を処理できるため、アーキテクチャ全体の複雑性を解消し、処理の高速化を図れるという。

 「日本では多くの企業が既にOLTP環境をかなり深く導入済みであるためリプレースは簡単ではないが、SAPとしては今後この領域をしっかりと攻めて行く考えを持っている」(馬場氏)

データセンター領域にさらなる注力

 データセンター運用者向けの機能の充実もSPS5の特徴だ。検証および開発環境において、単一のHANAアプライアンスに複数インスタンスを構築できるようにしたことで、柔軟な運用環境を構築できるという。また、バックアップおよびリカバリでは、外部のバックアップツールとの連携とサードパーティ製品の認定プログラムの提供を開始。HANAインスタンスを他のデータセンターにフェールオーバーさせるオプションも提供する。

 SAPジャパンは10月22日に、HANAをクラウドで使える「SAP HANA Cloud」の計画を発表。その一部として、HANAをIaaS/PaaSである「Amazon Web Services(AWS)」上で稼働させる「SAP HANA One」の提供を開始するなど、データセンター領域でのサービス拡張に注力している。

 アプリケーションを拡張する際の開発環境も新たに提供する。開発者は、HTML5、JavaScript、SQLScript、XML/A、JSON、ODATAを使用し、HANAプラットフォーム内で直接アプリケーションを開発、展開できる。特に、HTML5については「iPadからHANAに直接アクセスしたいという要望に対応した」という。

 この日は、HANA対応の顧客対応向けのソフトウェア「SAP 360 Customer」も発表。インメモリ、クラウド、モバイルといったSAPが注力する技術を用いて、ソーシャルメディアのデータを活用することなどにより、買う側の視点から競争優位を生み出す情報を企業に提供するという。

HANA SPS5の新機能
HANA SPS5の新機能

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]