編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

サクラクレパス、セキュリティ対策にシマンテック製品--拠点PCも遠隔で把握

田中好伸 (編集部)

2012-11-30 16:04

 文房具の製造と販売を展開するサクラクレパスは全社規模でのセキュリティ対策で「Symantec Endpoint Protection(SEP)」を活用している。シマンテックが11月30日に発表した。

 クレパスや絵具などの描画材からオフィスの機器や用具、事務用品を製造、販売するサクラクレパスの従業員数は約1200人。現在、各拠点で合計350台のPCを稼働させている。稼働しているPCやサーバは、導入時期でOSのバージョンが異なるが、バージョンが違っても保護するために、以前からSEPを活用していた。

 同社はサーバOS「Windows Server 2008 R2」の導入にあわせて最新版のSEP 12を導入した。全国の拠点で稼働しているPCを守るために管理ツール「Symantec Endpoint Protection Manager」で遠隔地のPCを把握。IPアドレスとポリシー管理を利用して、各事業所の就業時間にあわせて、フルスキャンして、ユーザー部門に負担をかけないよう配慮している。

 Windows Server 2008 R2の導入ではハイパーバイザ「Hyper-V」の環境を構築している。Hyper-V環境では、スキャン結果をゲストOS間で共有する「共有インサイトキャッシュ」技術を実装している。約1時間20分かかっていたフルスキャンが3分の1以下の時間で終了したというテスト結果を得たという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]