編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

NTT Com、BizホスティングでPaaS提供--基盤に「Cloud Foundry」採用

田中好伸 (編集部)

2012-12-03 12:59

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は12月3日、PaaS「Bizホスティング Cloudn PaaS」の提供を開始した。まずは企業向けに提供し、個人を含む本格提供は2013年3月末を予定している。企業向けの料金は個別見積もりとなっている。

 JavaとRuby。今後、PHPとNode、Pythonもサポートを提供する予定。対応するアプリケーションサーバとフレームワークはJavaがTomcat 6、Resin、Resin Pro、RubyがRuby on Rails 3、Sinatra、Rack、PythonがDjangoとなっている。データベースはMySQLとPostgreSQL。10Mバイトまでは無料、利用できるのは1契約で8つまでとなっている。

 Cloudn PaaSは、オープンソースソフトウェアのPaaS基盤ソフトウェア「Cloud Foundry」を採用。ほかのPaaSとの互換性が高く、ベンダーロックインを心配することなく、サービスの開発と提供が可能と説明している。初期投資は不要。運用開始後にスケールアウトやスケールアップが簡単にできるため、サービス開始後にサイジングをする必要がないという。

 アクセスログやアプリケーションログなどを、コントロールパネルやAPIを通じて検索、取得できる。指定したキーワードでログを監視することも可能で、ログ管理のためのAPIも提供される。

 今回発表されたPaaSは、同社のIaaS「Bizホスティング Cloudn」で提供している仮想サーバやオブジェクトストレージ、今後提供を予定しているリレーショナルデータベースなどの各種サービスと同一のデータセンターで提供されるか、NTT Comのネットワークの中で提供されるという。NTTデータのクラウドサービス「BizXaaS」との連携も予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]