編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ウイングアーク、タブレット向け帳票アプリを提供--Androidに対応

田中好伸 (編集部)

2012-12-12 14:28

 ウイングアークは12月12日、総合帳票基盤ソフトウェア「SVF(Super Visual Formade)」での帳票資産を活用するためのタブレット専用アプリ「Tablet Paper for RDE」の提供を開始した。Androidタブレットに対応する。

 SVFやプリンタ制御ソフトウェア「RDE(Report Director Enterprise)」で出力される帳票をタブレットで照会、加工する。クラウドサービスに連携させることで業務現場で新しく帳票を活用できるという。

 タブレットを利用して外出先や現場で帳票を閲覧、タッチパネルで帳票に手書きでデータを加工、保管できる。Google DriveやGoogle Cloud Printといったクラウドサービスと連携して、関連する部門や会社と情報共有が効率化されるとメリットを説明している。


Tablet Paper for RDEの連携イメージ

Tablet Paper for RDEの操作画面

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]