松岡功の「今週の明言」

法人市場攻略に向けたWindows 8陣営の正念場 - (page 2)

松岡功

2012-12-14 10:09

 法人ユーザーのクライアント環境をめぐっては、2014年4月にサポート期限を迎えるWindows XPから新環境への移行が課題となっている。現状ではまだ半数程度の法人ユーザーがWindows XPを利用しているともみられているが、ここ1年ほどでWindows 7への移行も徐々に進んできた。Visser氏が薦めるように、そうした動きにWindows 8が加わって、移行を加速させることができるか。法人市場の攻略に向け、それこそマイクロソフトだけでなく、デバイスベンダーやソリューションベンダーなども含めたWindows 8陣営の正念場である。

「当社のセキュリティサービスは、日本の文化やワークライフスタイルにきめ細かく対応している」
(BBソフトサービス 瀧進太郎 取締役COO)

BBソフトサービスの瀧進太郎 取締役COO
BBソフトサービスの瀧進太郎 取締役COO

 ソフトバンクグループのBBソフトサービスが11月29日、フィッシング詐欺や日本特有のワンクリック詐欺を仕掛けるWebサイトを警告する機能を備えたiPhone向けのWebブラウザ型アプリ「あんしんWeb by Internet SagiWall」(以下、あんしんWeb)を提供開始したと発表した。冒頭の瀧氏の発言は、その発表会見で、同社のセキュリティサービスの最大の特徴を語ったものである。

 あんしんWebは、同社がWindows搭載パソコンやAndroid搭載スマートフォン向けに提供しているオンライン詐欺検知ソフト「Internet SagiWal」の検知エンジンを搭載したiPhone向けのセキュリティサービスである。

 同社によると、急速に普及しつつあるスマートフォンを標的にしたフィッシング詐欺やワンクリック詐欺が急増する中、標準ブラウザにも詐欺サイトを警告する機能があるものの、日本国内で発生する特有の詐欺サイトへの対応がこれまで不十分だった。そのため、悪質なアプリやマルウェアが発生しにくいiPhoneのプラットフォーム上であっても不用意に詐欺サイトへアクセスしてしまい、不当な請求や脅迫、金銭搾取などのトラブルにつながるケースが発生しているという。

 こうした課題を解決する新アプリは、国内で発生する詐欺サイトの構造や特徴、コンテンツ内容をリアルタイムに解析する独自のヒューリスティック検知エンジンを搭載しており、ブラックリスト方式だけでは対応できない日々新たに発生するネット詐欺サイトに対しても、危険なサイトであるかどうかを自動的に判断して警告を表示することができるとしている。

 同社は、ソフトバンクが創業時に始めたソフトウェア流通の流れを汲むソフトバンクBBの100%出資子会社である。その名残を感じる部分もあったが、主力のセキュリティサービスをはじめとして、当然ながら事業形態はどんどん進化しているようだ。「日本人の心理につけこむ悪質な詐欺の対策に大いに貢献したい」(瀧氏)との意欲に大いに期待したい。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]