編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

AIU、サイバー攻撃の損害を補償する保険商品--対象地域は全世界

田中好伸 (編集部)

2012-12-14 12:43

 AIU保険は12月14日、日本国内に本社を置くグローバル企業向けに保険商品「CyberEdge」の販売を開始した。サイバー攻撃を受けた際に全世界で発生する損害を補償する。

 CyberEdgeは全世界を補償対象地域として、個人情報や企業情報が漏洩した場合の損害賠償金や各種の費用を補償する。賠償責任や行政対応にかかる費用、システムへの不正アクセスの証拠保全や解析といったフォレンジックの費用、有事対応に必要なコンサルティング費用も保険の対象となる。

 サイバー攻撃などの事故で業務が中断した場合の逸失利益などの損害も対象としている。サイバー攻撃を受けた際には、各国のセキュリティ専門機関を紹介し、迅速な初期対応もサポートするとしている。

 AIU保険は2004年、個人情報漏洩保険の販売を開始。個人情報保護法の施行後の日本企業のニーズに合致したことを受け、海外のAIGグループの保険会社でも、同様の保険商品の開発が進んだという。

 CyberEdgeは、情報漏洩リスクに対するAIGグループ全体での引受実績を踏まえて、開発された。日本での販売に先立ち、世界30カ国で販売されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]