画像で振り返る2012年の重大ハッキングと情報漏えい - 15/20

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2012-12-26 07:30

 「iOS 6」のリリースを目前にして、iOSデバイスに個別に振られるデバイスコード(UDID)がAnonymousによって大量に盗まれ、ウェブ上にアップロードされた。これは当初、FBIから盗まれたものとされていた。UDIDは開発者が分析のために使用しているが、ユーザー個人を識別するためにも使える。当時は、AppleがFBIの捜査のためにこのデバイスコードを渡したか、あるいはそのように強いられたことを疑うだけの、十分な理由があった。この問題は、2週間近くにわたり、セキュリティに関する大激論を引き起こした。

 Appleは公式に、このデータはFBIからは要求されてはおらず、どの組織に提供したこともないと発表した。しばらくしてAppleとFBIの両方が、この問題に関して知っていることはなく、関与もしていないと否定した後、フロリダ州にある小さな企業が、このUDIDのウェブへの漏洩につながる情報漏えいを認めた。AppleのモバイルOSであるiOS 6は、そのわずか数週間後にリリースされた。このバージョンでは、UDIDはデバイスから取り除かれた。

 「iOS 6」のリリースを目前にして、iOSデバイスに個別に振られるデバイスコード(UDID)がAnonymousによって大量に盗まれ、ウェブ上にアップロードされた。これは当初、FBIから盗まれたものとされていた。UDIDは開発者が分析のために使用しているが、ユーザー個人を識別するためにも使える。当時は、AppleがFBIの捜査のためにこのデバイスコードを渡したか、あるいはそのように強いられたことを疑うだけの、十分な理由があった。この問題は、2週間近くにわたり、セキュリティに関する大激論を引き起こした。

 Appleは公式に、このデータはFBIからは要求されてはおらず、どの組織に提供したこともないと発表した。しばらくしてAppleとFBIの両方が、この問題に関して知っていることはなく、関与もしていないと否定した後、フロリダ州にある小さな企業が、このUDIDのウェブへの漏洩につながる情報漏えいを認めた。AppleのモバイルOSであるiOS 6は、そのわずか数週間後にリリースされた。このバージョンでは、UDIDはデバイスから取り除かれた。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]