画像で振り返る2012年の重大ハッキングと情報漏えい - 2/20

Zack Whittaker (ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2012-12-26 07:30

 1月には、ハッカーがインドの諜報機関のネットワークに侵入し、Symantecのアンチウィルスソフトウェアのソースコードを大量に手に入れた。これは後に、ハッカーが漏えいした情報やソースコードを投稿するのによく利用するPastebinに投稿された。

 Symantecはすぐに、このソースコードは同社の現在の最新の内容を反映していないという声明を発表した。アンチマルウェアソフトのソースコードを分析することで、マルウェア作者は、そのソフトウェアを迂回し、悪意を持った目的でマシンをハイジャックすることが可能な弱点を発見できる可能性がある。インド当局はソースコードを提出させチェックしようとしており、これが安全でないネットワークの1つから盗まれたと考えられている。

 1月には、ハッカーがインドの諜報機関のネットワークに侵入し、Symantecのアンチウィルスソフトウェアのソースコードを大量に手に入れた。これは後に、ハッカーが漏えいした情報やソースコードを投稿するのによく利用するPastebinに投稿された。

 Symantecはすぐに、このソースコードは同社の現在の最新の内容を反映していないという声明を発表した。アンチマルウェアソフトのソースコードを分析することで、マルウェア作者は、そのソフトウェアを迂回し、悪意を持った目的でマシンをハイジャックすることが可能な弱点を発見できる可能性がある。インド当局はソースコードを提出させチェックしようとしており、これが安全でないネットワークの1つから盗まれたと考えられている。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]