画像で振り返る2012年の重大ハッキングと情報漏えい - 6/20

Zack Whittaker (ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2012-12-26 07:30

 ハクティビスト集団であるAnonymousと関係のあるハッカーの1人が、中国政府と関連があると主張する何千もの文書を公表した。その中には同国が結んだ防衛関係の契約書もあった。

 北京に本社があるChina National Import & Export Corp.(CEIEC)をハッキングしたハッカーは、米軍に関連する様々な契約やビジネスメモを手に入れて公開した。その中には、アフガニスタンで行われている米国主導の戦争行為に関するものも多く含まれていた。CEIECはこの主張を否定し、これを「根拠がない」「中傷」だと述べた。

 ハクティビスト集団であるAnonymousと関係のあるハッカーの1人が、中国政府と関連があると主張する何千もの文書を公表した。その中には同国が結んだ防衛関係の契約書もあった。

 北京に本社があるChina National Import & Export Corp.(CEIEC)をハッキングしたハッカーは、米軍に関連する様々な契約やビジネスメモを手に入れて公開した。その中には、アフガニスタンで行われている米国主導の戦争行為に関するものも多く含まれていた。CEIECはこの主張を否定し、これを「根拠がない」「中傷」だと述べた。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]