編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

RISCプロセッサ「SPARC」25年に見るシステムの変遷

田中好伸 (編集部) 大川 淳

2012-12-27 12:00

 日本オラクルは12月から「SPARC T4」サーバのキャンペーンを展開している。1987年に誕生したRISCプロセッサ「SPARC」の25周年を記念した「SPARC 25周年キャンペーン」だ。

 3月末まで展開しているキャンペーンでは、4コアのRISCプロセッサ「SPARC T4」を搭載するラックマウント型UNIXサーバ「Netra SPARC T4-1」が、通常157万8311円のところ、期間限定で103万9500円と割安で購入できる。キャンペーンでは、ファイバチャネル(FC)ストレージ「Sun Storage 2540-M2」とNASストレージ「Sun ZFS Storage 7320」のそれぞれとサーバを組み合わせたものも割引されている。前者は454万1366円が285万9842円に、後者は659万8229円が401万336円となっている。

 キャンペーンを担当する、日本オラクルの桑原智宏氏(システム事業統括 ソリューション・プロダクト統括本部 プロダクト・マネジメント・オフィス システム製品事業推進グループ サーバー担当シニアマネージャー)は「オラクルはあまりキャンペーンをやらない」と説明。キャンペーンは、既存のSPARC/Solarisユーザーに向けて「“x86サーバは安い”というイメージを払拭」(桑原氏)することを狙っている。

オープン系システムの弊害

 x86サーバは安くないのか? ここにx86サーバを中心としたオープン系システムが現在抱える問題が潜んでいる。つまり、ハードウェアのx86サーバに加えて、ソフトウェアとしてOS、ハイパーバイザ、ミドルウェア、アプリケーションといったコンポーネントをユーザー企業が自由に選べるが故の複雑性という問題と指摘できる。

 現在市場に投入されているx86サーバ自体の価格は、例えば、A社が53万7600円、B社が76万6973円となっている。ここだけを見ると確かにNetra SPARC T4-1より格段に安いことが分かる。

 しかし、A社やB社のx86サーバを現行のシステムに導入するとなると、OSとして「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」、ハイパーバイザとして「VMware vSphere 5 Enterprise」が必要になる。OSとハイパーバイザのサブスクリプションなどを合計すると、A社が163万9050円から、B社が209万7323円から、となっている。

 Netra SPARC T4-1の現在のキャンペーン価格は103万9500円だが、通常でも157万8311円であることを考えると、Netra SPARC T4-1がA社やB社のx86サーバと比較して、非常識なほど高いというわけではない。Netra SPARC T4-1には、OS「Oracle Solaris」とハイパーバイザ「Oracle VM」やSolarisに標準で搭載される仮想化技術「Solaris Zones」、管理ツール「Oracle Enterprise Manager」がすべて無償で提供される。こうした点からオラクルは「x86サーバは安くない」と訴えている訳である。

仮想化環境前提のプロセッサ

 Netra SPARC T4-1がこうした形態で提供できるのは、やはりOracleがSun Microsystemsを買収したからだ。Oracle/Sunだからこそ、提供できるサーバと表現できる(同様の形態で製品を提供できるのはIBMだけだ)。

 振り返ってみるとSunは極めてユニークな企業と言える。OSとしてSolarisを開発し、RISCプロセッサのSPARCも開発。さらには、現在企業ITの世界では欠かすことのできない言語「Java」も開発している。その中でもSPARCは、常に注目を浴びるようなものだったと言える。

 25年前の1987年にSPARCアーキテクチャによるプロセッサ「Sunrise」(コードネーム)が開発。1992年に開発された「microSPARC I」では、DRAMを制御する技術が組み込まれている。1995年の「UltraSPARC I」では、「SIMD命令」という技術が業界で初めて搭載されるとともに、複数のプロセッサで処理を分散させる方式「SMP」が64個のプロセッサに対応している。

図1 SPARCの25年
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]