三国大洋のスクラップブック

世論調査の限界を超えろ--オバマ陣営のデータ戦略は「有権者を一人ずつ数える」

三国大洋 2012年12月31日 17時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITへのアプローチでは「内製」だったオバマ大統領、「外注(アウトソーシング)」のロムニー候補を打ち破った
ITへのアプローチでは「内製」だったオバマ大統領、「外注(アウトソーシング)」のロムニー候補を打ち破った

 今年の米大統領選挙でバラク・オバマ大統領の再選に大いに貢献したのは、オバマ陣営のIT部門だった。この「オバマのギークチーム」をめぐる話題は、なかでもビッグデータ活用について大きな反響があったようだ。

 12月に入ってからも、TIMEやMIT Technology Reviewなどが、この話題に焦点をあてた記事を掲載している。とくにMIT Technology Reviewは、オバマ側だけでなくロムニー陣営の取り組みも取材。雑誌(のウェブ版)としては破格のボリュームで、両者のアプローチの違いなども描いた。

 この記事をどこまで簡潔に紹介できるか少し心許ないが、興味深かった点などを可能な限り書きだしてみたい。

選挙資金集めも「クラウドソーシング」で

 オバマ大統領を今年の「The Person of The Year」に選んだTIMEでは、その話に当て込んだかたちで、同陣営のギーク・チームについての記事をふたたび掲載した。

 以前書いたとおり、TIMEはこの話題を11月には他メディアに先駈けて伝えていた

 今回の記事で特に目新しいのは、オバマ陣営がオンライン経由で集めた具体的な金額が出ている点で、総額約10億ドルに上った献金のうち、約6億9000万ドルがオンライン経由だったという。2008年の選挙戦ではネット経由が5億ドルだったから、大幅に増加したことになる。しかも、一口200ドル以下の小口献金が2億ドルを上回り、前回より10%も増えたなどとある。

 この「選挙資金集めのクラウドソーシング」で大活躍したのが、前にもふれた携帯電話のショートメッセージ(SMS)をつかった仕組み。「スーパーパック」と呼ばれる一部の大金持ちの提供する資金が選挙戦の行方を大きく左右するとみられていた今回の選挙で、こうした小さなお金の集合がこれほど大きなものになるとは……といった指摘もみられる。

「マイクロターゲティング」と「データの軍拡競争」

 一方、今回の選挙で改めて登場頻度があがった感のある「マイクロターゲティング」について、Bloomberg Businessweekが約一年前に採り上げていた記事もみつかった。「ギークが秘密兵器」という見出しの記事である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算